反骨を原動力に米ツアー初V 野村敏京はなぜ海を渡ったのか

公開日: 更新日:

【ISPSハンダ女子オーストラリアOP】

 トップタイ発進の野村敏京(23)が最終日8バーディー、1ボギーの65で回り、通算16アンダーまでスコアを伸ばし、世界ランク1位のリディア・コ(18)に3打差、米ツアー通算40勝のカリー・ウェブ(41)に7打差をつけて、米女子ツアー本格参戦3年目にして初優勝を飾った。

「とても興奮している。ショットが良かったし、パターも信じられないくらい良かった」(野村)

 日本人女子プロが海外の大会で勝つのは2012年の宮里美香(26=セーフウェイクラシック)以来、3年半ぶり。史上7人目の快挙だ(国内開催のミズノクラシックなどを除く)。

 ところが、優勝決定後のウオーターシャワーに加わった日本人プロは1人もおらず、グリーン上を飛び回ったのは仲のいい韓国選手ばかり。それどころか日本人が勝ったというのに、デカデカと1面で報じたスポーツ紙は1紙だけだった。これが横峯さくらの米ツアー初優勝なら各紙とも1面で扱うだけに、マスコミの関心もそんなものなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る