• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

反骨を原動力に米ツアー初V 野村敏京はなぜ海を渡ったのか

【ISPSハンダ女子オーストラリアOP】

 トップタイ発進の野村敏京(23)が最終日8バーディー、1ボギーの65で回り、通算16アンダーまでスコアを伸ばし、世界ランク1位のリディア・コ(18)に3打差、米ツアー通算40勝のカリー・ウェブ(41)に7打差をつけて、米女子ツアー本格参戦3年目にして初優勝を飾った。

「とても興奮している。ショットが良かったし、パターも信じられないくらい良かった」(野村)

 日本人女子プロが海外の大会で勝つのは2012年の宮里美香(26=セーフウェイクラシック)以来、3年半ぶり。史上7人目の快挙だ(国内開催のミズノクラシックなどを除く)。

 ところが、優勝決定後のウオーターシャワーに加わった日本人プロは1人もおらず、グリーン上を飛び回ったのは仲のいい韓国選手ばかり。それどころか日本人が勝ったというのに、デカデカと1面で報じたスポーツ紙は1紙だけだった。これが横峯さくらの米ツアー初優勝なら各紙とも1面で扱うだけに、マスコミの関心もそんなものなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る