反骨を原動力に米ツアー初V 野村敏京はなぜ海を渡ったのか

公開日: 更新日:

【ISPSハンダ女子オーストラリアOP】

 トップタイ発進の野村敏京(23)が最終日8バーディー、1ボギーの65で回り、通算16アンダーまでスコアを伸ばし、世界ランク1位のリディア・コ(18)に3打差、米ツアー通算40勝のカリー・ウェブ(41)に7打差をつけて、米女子ツアー本格参戦3年目にして初優勝を飾った。

「とても興奮している。ショットが良かったし、パターも信じられないくらい良かった」(野村)

 日本人女子プロが海外の大会で勝つのは2012年の宮里美香(26=セーフウェイクラシック)以来、3年半ぶり。史上7人目の快挙だ(国内開催のミズノクラシックなどを除く)。

 ところが、優勝決定後のウオーターシャワーに加わった日本人プロは1人もおらず、グリーン上を飛び回ったのは仲のいい韓国選手ばかり。それどころか日本人が勝ったというのに、デカデカと1面で報じたスポーツ紙は1紙だけだった。これが横峯さくらの米ツアー初優勝なら各紙とも1面で扱うだけに、マスコミの関心もそんなものなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る