いまだ英語ダメ…松山2勝目でも遠い米ツアーでの“市民権”

公開日: 更新日:

 14年6月以来、2年ぶりに米ツアー2勝目を挙げた松山英樹(23)。一夜明けたこの日(8日)、米メディアが松山の勝利をどう伝えたか――。

 多くのメディアが「ヒデキ・マツヤマがリッキー・ファウラーを倒してツアー2勝目」という見出しで取り上げたが、記事はといえば、ほとんどがファウラーのプレーについてだった。

「(ファウラーが池ポチャした)17番で道が開けた」という松山のコメントを通訳が「ラッキーで勝てた」と意訳し、そのまま載せているところもあった。

 米ゴルフ事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「かつてJ・ニクラスとA・パーマーがしのぎを削っていた時代、最終日に判を押したように猛チャージをかけるパーマーの方が圧倒的に人気がありました。米国人というのは攻めのゴルフをするプレーヤーを好みます。17番パー4はワンオンが狙えるホールです。2打リードしながらドライバーで果敢に攻めたファウラーに同情的というか、自滅を残念がる内容でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る