いまだ英語ダメ…松山2勝目でも遠い米ツアーでの“市民権”

公開日: 更新日:

 14年6月以来、2年ぶりに米ツアー2勝目を挙げた松山英樹(23)。一夜明けたこの日(8日)、米メディアが松山の勝利をどう伝えたか――。

 多くのメディアが「ヒデキ・マツヤマがリッキー・ファウラーを倒してツアー2勝目」という見出しで取り上げたが、記事はといえば、ほとんどがファウラーのプレーについてだった。

「(ファウラーが池ポチャした)17番で道が開けた」という松山のコメントを通訳が「ラッキーで勝てた」と意訳し、そのまま載せているところもあった。

 米ゴルフ事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「かつてJ・ニクラスとA・パーマーがしのぎを削っていた時代、最終日に判を押したように猛チャージをかけるパーマーの方が圧倒的に人気がありました。米国人というのは攻めのゴルフをするプレーヤーを好みます。17番パー4はワンオンが狙えるホールです。2打リードしながらドライバーで果敢に攻めたファウラーに同情的というか、自滅を残念がる内容でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る