“3タック”から変身の池田勇太に心配なジャンボの二の舞い

公開日: 更新日:

【SMBCシンガポールオープン】

 最終日は雷雨のため中断があり、日没サスペンデッドで13選手がホールアウトできなかった。

 競技は1日の朝7時30分(日本時間8時30分)に再開。通算12アンダーで宋永漢が優勝。2メートルのバーディーパットだけを残したジョーダン・スピース(22)はこれを決めて11アンダーで2位フィニッシュだった。

 今大会は世界ランク1位のジョーダン・スピースが出場して大いに盛り上がった。

 世界ランクに加算される優勝ポイントは28。日本ツアーの通常16ポイントから大きく跳ね上がり、エースキャディーを休ませても大ギャラリーを引き連れ、「さすが」という技も存分に見せて沸かせた。

 もう一人、会場で注目を集めたのが 通算2アンダーで23位に終わった池田勇太(30)だ。“全身”がいつもと違ったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

もっと見る