練習試合で4回6失点…西武・菊池雄星は今季も“持病”治らず

公開日: 更新日:

 気負ったか。

 初の開幕投手に指名された西武の菊池雄星(24)がロッテとの練習試合に先発。4回8安打6失点と大いに乱れた。

「シーズン中でなくてよかった。次回以降、しっかり結果を出していい形で開幕を迎えたい」とは、菊池の弁だが、最速153キロを計測しながら変化球のキレが悪く、ことごとく痛打された。

 ネット裏で視察したスコアラーが言う。

「今の日本球界の先発左腕で150キロを超えるストレートを投げ続けられるのは菊池くらい。スピードがあるのに打たれるのは、本人の精神面に大きな原因があるとしか考えられない。とくに四回は、鈴木の安打から制球が乱れ、連続四球で1死満塁となると力んで暴投となり、点を奪われた。完全に浮足立って連続タイムリーを浴びて5失点だから。調子が悪い時に悪いなりにまとめる力は昨年同様、見受けられないね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る