日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

練習試合で4回6失点…西武・菊池雄星は今季も“持病”治らず

 気負ったか。

 初の開幕投手に指名された西武の菊池雄星(24)がロッテとの練習試合に先発。4回8安打6失点と大いに乱れた。

「シーズン中でなくてよかった。次回以降、しっかり結果を出していい形で開幕を迎えたい」とは、菊池の弁だが、最速153キロを計測しながら変化球のキレが悪く、ことごとく痛打された。

 ネット裏で視察したスコアラーが言う。

「今の日本球界の先発左腕で150キロを超えるストレートを投げ続けられるのは菊池くらい。スピードがあるのに打たれるのは、本人の精神面に大きな原因があるとしか考えられない。とくに四回は、鈴木の安打から制球が乱れ、連続四球で1死満塁となると力んで暴投となり、点を奪われた。完全に浮足立って連続タイムリーを浴びて5失点だから。調子が悪い時に悪いなりにまとめる力は昨年同様、見受けられないね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事