減少傾向の「キャンプ投げ込み」 賛成派OB語る必要性とは

公開日: 更新日:

 数をこなせばいい、というものではない。

 毎年恒例、キャンプの風物詩となっている投手陣の投げ込み。DeNAの三浦は休日を除いて連日ブルペンに入り、すでに800球以上を投げたことが話題になった。

 広島では05年まで投手コーチを務めていた安仁屋宗八氏が、キャンプ限定で臨時投手コーチに就任。かねて「投手陣の投げ込み不足が心配。昔の広島の投手陣は1日300球投げていた」と話しており、先発、中継ぎを問わず投げ込み指令を出した。

 さすがに1日に300球も投げさせることはないだろうが、近年は「肩は消耗品」という考えから、「投げ込み否定派」の選手も増えている。オリックスの金子は14年、キャンプ中のブルペンはわずか6回。計400球も投げずに、リーグ最多の16勝を挙げた。本人も「基礎のキャッチボールはできているから」と、ブルペンでは極力投げ込まないようにしている。ドジャースに移籍した前田(前広島)も、「キャンプで投げ込みはしない」という方針を貫いてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  7. 7

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る