高卒で月間4勝 高橋光成の快挙生んだ西武「育成失敗」の教訓

公開日: 更新日:

 また勝った。

 西武の高卒ルーキー、高橋光成(18)が31日の楽天戦に先発。5回4安打2失点で4連勝を飾り、パ・リーグ高卒新人としては99年の松坂大輔(現ソフトバンク)以来となる「月間4勝」をマークした。8月2日のソフトバンク戦でプロデビュー。初戦は黒星を喫したものの、その後は勝ち続けている。

 2年前の甲子園優勝(前橋育英高)投手。プロ入り前から実力は評価されていたが、ここまでの躍進は、チーム方針のおかげもある。

 西武はここ数年、即戦力の高卒新人でも、1年目の数カ月は徹底して体力づくりをさせる。その後、技術、体力をじっくり教え込み一軍に送り込む育成法を貫いている。昨年の森(友哉)もそうやってチームの主軸選手に育てた。

 西武は10年のドラフトで6球団競合の末に「10年に一人の逸材」といわれた早大右腕の大石(達也)を獲得しながら育成に失敗。花巻東高から09年のドラフト1位で入団した菊池(雄星)も戦力になるまでに時間がかかった。こうした「過去」を教訓にしているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る