高卒で月間4勝 高橋光成の快挙生んだ西武「育成失敗」の教訓

公開日: 更新日:

 また勝った。

 西武の高卒ルーキー、高橋光成(18)が31日の楽天戦に先発。5回4安打2失点で4連勝を飾り、パ・リーグ高卒新人としては99年の松坂大輔(現ソフトバンク)以来となる「月間4勝」をマークした。8月2日のソフトバンク戦でプロデビュー。初戦は黒星を喫したものの、その後は勝ち続けている。

 2年前の甲子園優勝(前橋育英高)投手。プロ入り前から実力は評価されていたが、ここまでの躍進は、チーム方針のおかげもある。

 西武はここ数年、即戦力の高卒新人でも、1年目の数カ月は徹底して体力づくりをさせる。その後、技術、体力をじっくり教え込み一軍に送り込む育成法を貫いている。昨年の森(友哉)もそうやってチームの主軸選手に育てた。

 西武は10年のドラフトで6球団競合の末に「10年に一人の逸材」といわれた早大右腕の大石(達也)を獲得しながら育成に失敗。花巻東高から09年のドラフト1位で入団した菊池(雄星)も戦力になるまでに時間がかかった。こうした「過去」を教訓にしているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  8. 8

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る