高卒で月間4勝 高橋光成の快挙生んだ西武「育成失敗」の教訓

公開日:  更新日:

 また勝った。

 西武の高卒ルーキー、高橋光成(18)が31日の楽天戦に先発。5回4安打2失点で4連勝を飾り、パ・リーグ高卒新人としては99年の松坂大輔(現ソフトバンク)以来となる「月間4勝」をマークした。8月2日のソフトバンク戦でプロデビュー。初戦は黒星を喫したものの、その後は勝ち続けている。

 2年前の甲子園優勝(前橋育英高)投手。プロ入り前から実力は評価されていたが、ここまでの躍進は、チーム方針のおかげもある。

 西武はここ数年、即戦力の高卒新人でも、1年目の数カ月は徹底して体力づくりをさせる。その後、技術、体力をじっくり教え込み一軍に送り込む育成法を貫いている。昨年の森(友哉)もそうやってチームの主軸選手に育てた。

 西武は10年のドラフトで6球団競合の末に「10年に一人の逸材」といわれた早大右腕の大石(達也)を獲得しながら育成に失敗。花巻東高から09年のドラフト1位で入団した菊池(雄星)も戦力になるまでに時間がかかった。こうした「過去」を教訓にしているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る