日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日の丸背負いたい」 宮里美香がリオ五輪への決意語る

 リオ五輪の女子代表枠2つを巡って、熾烈な戦いがスタートしている。今大会には日本勢トップ3の世界ランク40位宮里美香(26)、41位大山志保(38)、48位野村敏京(23)が出場。初日2オーバー54位タイの宮里美香にリオ五輪への気持ちを聞いた。

――リオに向けて準備していますか?

 去年の夏から五輪を意識しています。毎試合、毎試合、上位成績でポイントを上げられるように戦っています。体力をつけるため上半身、下半身ともしっかりトレーニングを積んでいます。

――目標は?

 五輪に出場する方向で準備しているので、メダルが取れたら最高ですが、それが全てではありません。五輪まで一つ一つの試合で頑張ることが大切だと思います。

――今の課題は?

 自分のゴルフをしっかり確立させること。そうすれば結果もついてくるし、代表にも選ばれると思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事