宮里美香13位タイも風に負けず 「体幹強化」の効果随所に

公開日:  更新日:

【ピュアシルク バハマ・クラシック】

 初日首位タイの宮里美香(26)はスコアを1つ落とし4アンダーの13位タイ。順位を落としたとはいえ、風の計算が難しいコースだけに優勝争いの行方はまだ読めない。野村敏京(23)は8アンダーでトップの座を守っている。

 今季の美香はリオ五輪でのメダル獲得を目標に掲げている。全米女子オープンが終わった翌日の7月11日時点における世界ランク日本人上位2人に入れば、とりあえず五輪キップは手にできる。今のところ大山志保(38=36位)に次ぐ、日本人ランク2位(38位)。メジャー優勝と五輪メダルを見据えて昨年からフィジカル、メンタルの両トレーナーをつけて心身の改造に取り組み、嫌いなランニングでも汗を流した。その効果は昨季も表れ、前年のシード落ちから賞金ランク28位まで復活。こだわりのあるフェアウエーキープ率(82・28%)も2位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る