宮里美香13位タイも風に負けず 「体幹強化」の効果随所に

公開日: 更新日:

【ピュアシルク バハマ・クラシック】

 初日首位タイの宮里美香(26)はスコアを1つ落とし4アンダーの13位タイ。順位を落としたとはいえ、風の計算が難しいコースだけに優勝争いの行方はまだ読めない。野村敏京(23)は8アンダーでトップの座を守っている。

 今季の美香はリオ五輪でのメダル獲得を目標に掲げている。全米女子オープンが終わった翌日の7月11日時点における世界ランク日本人上位2人に入れば、とりあえず五輪キップは手にできる。今のところ大山志保(38=36位)に次ぐ、日本人ランク2位(38位)。メジャー優勝と五輪メダルを見据えて昨年からフィジカル、メンタルの両トレーナーをつけて心身の改造に取り組み、嫌いなランニングでも汗を流した。その効果は昨季も表れ、前年のシード落ちから賞金ランク28位まで復活。こだわりのあるフェアウエーキープ率(82・28%)も2位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る