そろそろ本気に? 松井秀喜氏がヤ軍キャンプに今年も合流

公開日:  更新日:

 うれしそうだ。

 ヤンキースの松井秀喜GM特別アドバイザー(41)が25日(日本時間26日)、臨時コーチとしてフロリダ州タンパでキャンプを行っている野手組の練習に合流。ベテランのアレックス・ロドリゲス(40)に熱い抱擁で歓迎されると、笑みを浮かべた。

 初日は「お手伝いに徹している」と表立って指導する場面はなく、外野ノックの返球の捕球役や打撃練習時の球拾いなどで終了。「ヒデキー!」とファンの熱烈な声援を受けて、サインに応じる姿もあった。

 2月前半は巨人の宮崎キャンプでも臨時コーチを務めた。日米で引っ張りだこのゴジラ。宮崎からタンパというコースは3年目だが、そろそろ「臨時」の肩書を外し、指導者としてユニホームを着たくなってきたのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る