ギャレットも神妙 松井秀喜氏“ヤンキース流”で助言の説得力

公開日:  更新日:

 バットを片手に、身ぶり手ぶりで打撃をレクチャーしているのは巨人の宮崎キャンプに臨時コーチとして参加している松井秀喜(41)。フリー打撃の前に一塁ベンチ付近に集合した一軍野手全員を前に、10分以上もアドバイスを送った際のひとコマだ。

 松井は「経験した中で打撃で大事だと思うこと、素晴らしい打者に共通している点を伝えた」と言う。

 連日、熱心に助言を送る姿に報道陣は「ゴジラがついに本気を出したか!」と色めき立ったが、「ぜひ、話してくれとお願いされた。最初は村田さん(ヘッド)、内田さん(打撃コーチ)、その後に監督にも」と松井。高橋監督は「軸足が大事とか、どんな打者でも打つ体勢に入る形が大事とか。全員に合うかは別問題だけど、ヒントになるかも」と話した。

 亀井が言う。「体重移動の割合や間の取り方の話。これから意識していかないと。A・ロッド、ジーター、ポサダの名前が出た」。松井はどうやらヤンキース時代の同僚の打撃を引き合いに出しながら話をしたようだ。

 ちなみに、こちらも前ヤンキースの新外国人ギャレットは「忘れがちな基本的な話を思い出せて良かった」と妙に納得した表情だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る