ギャレットも神妙 松井秀喜氏“ヤンキース流”で助言の説得力

公開日: 更新日:

 バットを片手に、身ぶり手ぶりで打撃をレクチャーしているのは巨人の宮崎キャンプに臨時コーチとして参加している松井秀喜(41)。フリー打撃の前に一塁ベンチ付近に集合した一軍野手全員を前に、10分以上もアドバイスを送った際のひとコマだ。

 松井は「経験した中で打撃で大事だと思うこと、素晴らしい打者に共通している点を伝えた」と言う。

 連日、熱心に助言を送る姿に報道陣は「ゴジラがついに本気を出したか!」と色めき立ったが、「ぜひ、話してくれとお願いされた。最初は村田さん(ヘッド)、内田さん(打撃コーチ)、その後に監督にも」と松井。高橋監督は「軸足が大事とか、どんな打者でも打つ体勢に入る形が大事とか。全員に合うかは別問題だけど、ヒントになるかも」と話した。

 亀井が言う。「体重移動の割合や間の取り方の話。これから意識していかないと。A・ロッド、ジーター、ポサダの名前が出た」。松井はどうやらヤンキース時代の同僚の打撃を引き合いに出しながら話をしたようだ。

 ちなみに、こちらも前ヤンキースの新外国人ギャレットは「忘れがちな基本的な話を思い出せて良かった」と妙に納得した表情だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る