早くも162キロの日ハム大谷 壊滅「ダル門下生」と何が違う

公開日: 更新日:

 大谷はこんな趣旨のことを話している。

「どうやったら課題を克服できるかは、人によって違う。体を大きくしてうまくいった人もいれば、投げ込んでフォームを固めてうまくいった人もいる。だから僕がうまくいくことがあっても、その方法で他の人がうまくいくとは限らない。これをやればよいという絶対的な正解はないと思う」

 つまり人に言われたことをうのみにするのではない。自分に合うと思うものは取り入れ、そうでないものは省けるということだ。実際、ダルが「自分ならやらない」という二刀流には、いまもこだわっている。

 ダルは人一倍、トレーニングや体に関して熱心だし、知識も豊富だ。もちろん理にかなったことを話しているに違いないが、ダルに合うものが必ずしも他の投手にも合うとは限らない。かつての門下生たちはダルの言うことを咀嚼して、取捨選択する能力が足りなかっただけ。

 大谷が彼らの二の舞いになることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  9. 9

    小児がん克服した男児が4歳の誕生日にもらった「黄色の愛」

  10. 10

    納得できない!罰金1万3300円に裁判費用400万円で徹底抗戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る