調整は「5年、10年先考えて」 日ハム大谷抱く異次元“大志”

公開日:  更新日:

 そこらの選手とはワケが違う。

 米アリゾナ州から場所を変え、17日から沖縄の名護で行われている日本ハムのキャンプ。18日は大谷翔平(21)がフリー打撃を行った。

 この日は名護を訪れた「二刀流反対論者」で「メジャー否定派」の張本勲氏、侍ジャパンの小久保監督がケージ裏で見守る中、大谷は厚沢ベンチコーチが投げるボールを左翼スタンドに軽々と運んでいた。

「逆方向を意識? (厚沢コーチが)左投手だったので。張本さんからは『(打撃は)いいんじゃないか』と言われました。内角打ちのアドバイス? 参考になるんじゃないですか。試してからですけど」と、話した大谷。

 さらに現在の調整などを聞かれると、こう答えた。

「今はスキル重視の練習をしています。ウエート(体重)も1年間調整してやっていますから。5年、10年先を考えて必要なことがあれば、シーズン中でもやります。(筋肉の)張りをつくる作業もそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る