調整は「5年、10年先考えて」 日ハム大谷抱く異次元“大志”

公開日:  更新日:

 そこらの選手とはワケが違う。

 米アリゾナ州から場所を変え、17日から沖縄の名護で行われている日本ハムのキャンプ。18日は大谷翔平(21)がフリー打撃を行った。

 この日は名護を訪れた「二刀流反対論者」で「メジャー否定派」の張本勲氏、侍ジャパンの小久保監督がケージ裏で見守る中、大谷は厚沢ベンチコーチが投げるボールを左翼スタンドに軽々と運んでいた。

「逆方向を意識? (厚沢コーチが)左投手だったので。張本さんからは『(打撃は)いいんじゃないか』と言われました。内角打ちのアドバイス? 参考になるんじゃないですか。試してからですけど」と、話した大谷。

 さらに現在の調整などを聞かれると、こう答えた。

「今はスキル重視の練習をしています。ウエート(体重)も1年間調整してやっていますから。5年、10年先を考えて必要なことがあれば、シーズン中でもやります。(筋肉の)張りをつくる作業もそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る