「超変革」阪神の象徴に 鳥谷を変えた“4番金本”のトラウマ

公開日:  更新日:

 口数少なく、おとなしい野手キャプテンが変わった。

 阪神の鳥谷(34)は12日、全体練習の後に志願して特守に参加。サブグラウンドでノックを受ける新井、上本らがエラーすると大声でヤジり、自分も打球に飛びつきユニホームは真っ黒。その姿は、これまでの鳥谷とはまったくの別人だった。

 昨秋は就任したばかりの金本監督に、「お前が変わらないとチームが変わらない。すべて、数字も、実績と年齢と年数を見たときに、もの足りなさすぎる」と、苦言を呈された。

 実は金本監督が現役時代の07年7月の中日戦でも、鳥谷は耳が痛いことを言われている。4番金本が満塁の好機に、右前に放った安打で鳥谷が二塁から生還せずに三塁で止まった。隙のない野球をやる中日相手に、消極的というか、闘争心に欠ける走塁について、当時の金本は怒った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る