人気回復ビジョンなし 期待できないJGTO青木功新会長体制

公開日: 更新日:

 男子ツアーを統括する日本ゴルフツアー機構(JGTO)が4日、総会と理事会を開き、新執行部を発表した。青木功(73)が新会長に就任し、松井功(74=日本プロゴルフ協会元会長)と大西久光(79=ダンロップスポーツエンタープライズ元社長)が副会長に就いて、新体制をサポートすることになった。

 新体制は「人を育む」という理念を掲げ、①プレーヤーである選手の人間教育の徹底②日本のゴルフのレベルアップができるシステムの考察③プロゴルフトーナメント全体の付加価値の創造の3つを発表したが、会見で「どれくらいまで試合(今年は26試合)を増やしたいか?」という質問が飛ぶと、新会長は「就任したばかりなので、青木が言うから1つでも(試合を)やってみたいなというスポンサーが出てくれたらいい。『26試合から30試合にしますよ』って言えるぐらいなら、とっくに増えているハズです。なるべく1つでも2つでも増える方向に持っていきたい」と、歯切れが悪かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る