日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実務能力は未知数…青木功はJGTO新会長に適任なのか?

「まだ本人も受諾するかどうか五分五分ですよ」(関係者)

 海老沢勝二氏(81)が日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長職退任の意向を表明し、後任として名前の挙がっている青木功(73)のことだ。

「海老沢さんの退任だって、事実上、選手会から突き上げを食らってクビ同然なんですよ。だって何もやらなかったんだから。その尻拭いで“青木さんに新しい会長になってもらいたい”と名指しされても、青木だって不安でしょう」(前出の関係者)

 何もしなかった、といわれる海老沢会長だが、本来ならプライベートがないくらい一年365日、土日返上の激務が続く。

 スポンサーへの挨拶回り、大会会場での表彰式出席やファンへの応対、そして海外出張だ。プロゴルファーとして青木の名前は国内ばかりでなく世界中に知れ渡っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事