侍Jにステータスなし? 主力選手軒並み辞退の“謎解き”

公開日: 更新日:

「辞退者が多すぎて困ったもんだ……」

 こう言って頭を痛めるのは、侍ジャパン関係者。15日、3月に行われる台湾との強化試合の代表メンバー26人が発表された。大谷翔平日本ハム)、藤浪晋太郎阪神)に加え、則本昂大松井裕樹(ともに楽天)については、前日になって急きょ、球団から断りの連絡が入ったという。今秋ドラフトでの最大の目玉である田中正義(創価大)までも不参加となった。

 小久保監督は「1年後のWBCを見据え、日本のトップ選手を集めた」と言ったものの、「大谷はオファーしたが出場見送りの返事。藤浪は肩を考慮して外した。則本、松井は調整の関係」と説明。残り2枠については投手中心に選考するというが、“飛車角落ち”のメンツを並べて何のために試合をやるの? と言わざるを得ない。

「今回はあくまで昨年のプレミア12での失敗を踏まえた人選になるはずだった。プレミア12では、各球団の抑えばかりを集め、中継ぎ投手が不在。これが影響して継投ミスで世界一を逃した。来年3月のWBCでは同じ轍を踏むことは避けたい。何より重視したのはリリーフ陣の構築だったが、純粋な中継ぎは秋吉(ヤクルト)のみ。そこにも苦しさが見え隠れする」と言うのは、在京の放送関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  7. 7

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  8. 8

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  9. 9

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る