日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB和田が劇的変身 直球130キロでも楽天キリキリ舞い

 4年間の米国経験はだてではない。

 今季からソフトバンクに復帰した前カブスの和田毅(35)が、6日のオープン戦(楽天)に先発。4回1安打無失点と好投した。

 これで実戦3試合で失点ゼロ。すでに工藤監督も「彼ぐらい実績のある投手が、実績のない投手と一緒のラインで戦うことはない」と話しているように、開幕ローテ入りは確実だ。

 渡米前の和田は同じ左腕の杉内(現巨人)と共に、ホークスの二枚看板だった。しかし、球の出どころが見えにくい独特のフォームやキレで勝負するタイプの投手であり、コントロールは杉内に軍配。荒れ球というわけではないが、細かい制球力に欠けていた。

 そんな和田が、米国での4年間で劇的に変わった。この日もメジャーで覚えたツーシームを低めに集め、コースにもズバズバと決めた。直球の球速は初回にMAX144キロを計測したが、その後は130キロ台。「最遅」131キロでも、打者をあざ笑うかのようにアウトを量産した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事