ソフトバンク松坂が模索する「軟投派」へのモデルチェンジ

公開日:  更新日:

 怪物がやっと投げた。昨夏の右肩手術からの復活を目指すソフトバンクの松坂大輔(35)が3日、韓国・斗山との二軍の練習試合で先発。昨年5月20日の二軍戦以来、288日ぶりの実戦マウンドで2回を無安打無失点に抑えた。スライダーやチェンジアップなどを織り交ぜ20球を投げ、この日の直球の最速は141キロ。内野ゴロ4、外野フライ1、1三振の内訳に、かつて剛球投手の名をほしいままにした怪物の「変化」が表れていた。

 変化球を効果的に使い、打たせて取った松坂は納得の表情で「久しぶりの実戦で少し緊張した。スライダーだけはもうちょっとどうにかしないと」と頭をかいた。西武時代は156キロを出した。剛速球のイメージが強いが、実は手先が器用。高校時代から変化球も得意だった。

「ソフトバンクの投手陣は、この日一軍で先発した千賀をはじめ、150キロを超える投手がうじゃうじゃいる。松坂も、もう35歳。手術明けでいきなり150キロは望めない。これを機にスピードへのこだわりは捨て、変化球や制球力で勝負しないと、先発ローテに食い込めないと悟ったのではないか」(球団関係者)

 年俸4億円のかつての怪物は、なりふり構わずに軟投派への道を模索し始めたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る