ソフトバンク松坂が模索する「軟投派」へのモデルチェンジ

公開日: 更新日:

 怪物がやっと投げた。昨夏の右肩手術からの復活を目指すソフトバンク松坂大輔(35)が3日、韓国・斗山との二軍の練習試合で先発。昨年5月20日の二軍戦以来、288日ぶりの実戦マウンドで2回を無安打無失点に抑えた。スライダーやチェンジアップなどを織り交ぜ20球を投げ、この日の直球の最速は141キロ。内野ゴロ4、外野フライ1、1三振の内訳に、かつて剛球投手の名をほしいままにした怪物の「変化」が表れていた。

 変化球を効果的に使い、打たせて取った松坂は納得の表情で「久しぶりの実戦で少し緊張した。スライダーだけはもうちょっとどうにかしないと」と頭をかいた。西武時代は156キロを出した。剛速球のイメージが強いが、実は手先が器用。高校時代から変化球も得意だった。

「ソフトバンクの投手陣は、この日一軍で先発した千賀をはじめ、150キロを超える投手がうじゃうじゃいる。松坂も、もう35歳。手術明けでいきなり150キロは望めない。これを機にスピードへのこだわりは捨て、変化球や制球力で勝負しないと、先発ローテに食い込めないと悟ったのではないか」(球団関係者)

 年俸4億円のかつての怪物は、なりふり構わずに軟投派への道を模索し始めたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る