日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトバンク松坂が模索する「軟投派」へのモデルチェンジ

 怪物がやっと投げた。昨夏の右肩手術からの復活を目指すソフトバンクの松坂大輔(35)が3日、韓国・斗山との二軍の練習試合で先発。昨年5月20日の二軍戦以来、288日ぶりの実戦マウンドで2回を無安打無失点に抑えた。スライダーやチェンジアップなどを織り交ぜ20球を投げ、この日の直球の最速は141キロ。内野ゴロ4、外野フライ1、1三振の内訳に、かつて剛球投手の名をほしいままにした怪物の「変化」が表れていた。

 変化球を効果的に使い、打たせて取った松坂は納得の表情で「久しぶりの実戦で少し緊張した。スライダーだけはもうちょっとどうにかしないと」と頭をかいた。西武時代は156キロを出した。剛速球のイメージが強いが、実は手先が器用。高校時代から変化球も得意だった。

「ソフトバンクの投手陣は、この日一軍で先発した千賀をはじめ、150キロを超える投手がうじゃうじゃいる。松坂も、もう35歳。手術明けでいきなり150キロは望めない。これを機にスピードへのこだわりは捨て、変化球や制球力で勝負しないと、先発ローテに食い込めないと悟ったのではないか」(球団関係者)

 年俸4億円のかつての怪物は、なりふり構わずに軟投派への道を模索し始めたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事