米挑戦から一転…ソフトB松田の移籍断念に“黒幕”がいた

公開日: 更新日:

 海外FA権を行使しながら、結局、ソフトバンクに残留することになった松田宣浩(32)。決め手になったのは、王貞治球団会長からの“電話ラブコール”だったが、結果的に「松田残留」の最大の功労者になった人物が他にもいたという。

 球団関係者が言う。

「松田の日本での代理人です。松田と強い信頼関係を築くやり手の女性弁護士ですが、野球界、特にメジャーに関する認識が甘いところがあったのです。例えば、松田がFA宣言後、ホークスにメジャー数球団から身分照会があった。それを伝えると、女性弁護士が自分の名前を代理人としてアナウンスするよう返答があった。メジャーの代理人はMLB選手会に登録申請し、公認を得た者に限られるという『常識』すら理解していない。自分を代理人とし、メジャー30球団に福岡の自身の事務所を問い合わせ先にしたFAXを送ろうとするなど、米球団からすれば、『マツダは本気で来る気があるのか』と疑わざるを得ない事態が相次いだ。こういう状態では、仮に松田がメジャー挑戦の意思を固めたとしても、交渉はうまくいかないだろうと、ホークスに楽観論が広がりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る