日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米挑戦から一転…ソフトB松田の移籍断念に“黒幕”がいた

 海外FA権を行使しながら、結局、ソフトバンクに残留することになった松田宣浩(32)。決め手になったのは、王貞治球団会長からの“電話ラブコール”だったが、結果的に「松田残留」の最大の功労者になった人物が他にもいたという。

 球団関係者が言う。

「松田の日本での代理人です。松田と強い信頼関係を築くやり手の女性弁護士ですが、野球界、特にメジャーに関する認識が甘いところがあったのです。例えば、松田がFA宣言後、ホークスにメジャー数球団から身分照会があった。それを伝えると、女性弁護士が自分の名前を代理人としてアナウンスするよう返答があった。メジャーの代理人はMLB選手会に登録申請し、公認を得た者に限られるという『常識』すら理解していない。自分を代理人とし、メジャー30球団に福岡の自身の事務所を問い合わせ先にしたFAXを送ろうとするなど、米球団からすれば、『マツダは本気で来る気があるのか』と疑わざるを得ない事態が相次いだ。こういう状態では、仮に松田がメジャー挑戦の意思を固めたとしても、交渉はうまくいかないだろうと、ホークスに楽観論が広がりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事