ソフトB掲げる目標「先発完投40試合」の現実味は

公開日: 更新日:

「40あったら、(各)リリーフを登板60試合以下にできる。勤続疲労もしない」

 こう言ったのはソフトバンクの工藤監督。

 40という数字は、今季先発陣に求める総完投数だ。先発が1人で9回を投げ切れば、当然リリーフ陣の負担は減る。シーズン終盤はリリーフ陣に頼る試合が多くなる。勝負どころを前に、故障や息切れは避けたいところ。

 昨季のソフトバンクの完投は10。40というのはかなり厳しい数字だが、工藤監督は「できなくはない」と言った。

 ちなみに、1シーズン最多完投は47。これは、あるチームの先発陣の数字ではない。1947年に当時、南海の故・別所昭(=毅彦)が50試合に先発して記録したものだ。この年の別所は55試合に登板し、448回3分の1を投げている。昔は「怪物」がいたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  8. 8

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  9. 9

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  10. 10

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

もっと見る