ソフトB掲げる目標「先発完投40試合」の現実味は

公開日: 更新日:

「40あったら、(各)リリーフを登板60試合以下にできる。勤続疲労もしない」

 こう言ったのはソフトバンクの工藤監督。

 40という数字は、今季先発陣に求める総完投数だ。先発が1人で9回を投げ切れば、当然リリーフ陣の負担は減る。シーズン終盤はリリーフ陣に頼る試合が多くなる。勝負どころを前に、故障や息切れは避けたいところ。

 昨季のソフトバンクの完投は10。40というのはかなり厳しい数字だが、工藤監督は「できなくはない」と言った。

 ちなみに、1シーズン最多完投は47。これは、あるチームの先発陣の数字ではない。1947年に当時、南海の故・別所昭(=毅彦)が50試合に先発して記録したものだ。この年の別所は55試合に登板し、448回3分の1を投げている。昔は「怪物」がいたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る