侍J台湾戦で大暴れ 中日主将・平田良介に他球団が熱視線

公開日: 更新日:

 5、6の両日に行われた侍ジャパンの台湾との強化試合。直前になって嶋(31=楽天)が3日の西武戦の守備の際に左手を負傷したことで辞退が発表されるなど、寂しい試合になったが、その中で、各球団の編成担当は平田良介(27=中日)に注目したという。パ球団の編成担当が言う。

「走攻守の総合力が高く、小久保監督が評価したように、12球団で右の外野手は手薄なこともある。昨年、規定打席に到達した日本人選手は平田に加え、内川(ソフトバンク)、清田(ロッテ)、長野(巨人)、松井稼(楽天=両打ち)の5人だけだったからね」

 3日の広島戦で本塁打を放つなど順調に調整を進め、スタメン起用された5日は2点適時打、途中出場した昨6日は九回に走者一掃の3点適時三塁打の大活躍。

 小久保代表監督がキャンプ視察の際に「右の外野手では1番手」と評価した竜の主将は順調にいけば今オフ、国内FA権(8年)を取得する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る