• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍J台湾戦で大暴れ 中日主将・平田良介に他球団が熱視線

 5、6の両日に行われた侍ジャパンの台湾との強化試合。直前になって嶋(31=楽天)が3日の西武戦の守備の際に左手を負傷したことで辞退が発表されるなど、寂しい試合になったが、その中で、各球団の編成担当は平田良介(27=中日)に注目したという。パ球団の編成担当が言う。

「走攻守の総合力が高く、小久保監督が評価したように、12球団で右の外野手は手薄なこともある。昨年、規定打席に到達した日本人選手は平田に加え、内川(ソフトバンク)、清田(ロッテ)、長野(巨人)、松井稼(楽天=両打ち)の5人だけだったからね」

 3日の広島戦で本塁打を放つなど順調に調整を進め、スタメン起用された5日は2点適時打、途中出場した昨6日は九回に走者一掃の3点適時三塁打の大活躍。

 小久保代表監督がキャンプ視察の際に「右の外野手では1番手」と評価した竜の主将は順調にいけば今オフ、国内FA権(8年)を取得する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る