GG佐藤
著者のコラム一覧
GG佐藤元プロ野球選手

1978年8月9日、千葉県市川市生まれ。桐蔭学園高、法大、米フィラデルフィア・フィリーズ1Aを経て、03年ドラフト7位で西武に入団。11年に戦力外通告後はイタリア、ロッテでプレー。13年に現役引退。現在は測量・調査・地盤改良工事を行う株式会社「トラバース」の営業マンとして活躍中。プロ通算成績は587試合で打率.276、88本塁打、270打点。身長184センチ、体重98キロ。右投げ右打ち。

ザル検査にタニマチ…球界から不祥事が一掃されない事情

公開日: 更新日:

【GG佐藤コラム「球界の裏側、全部話しちゃいます」】

 こんにちは。GG佐藤です。日本球界は今、激震に見舞われていますね。元巨人選手による野球賭博問題が収束したかと思えば、今度は清原さん(和博氏=48)が覚醒剤使用で逮捕・・・。僕も元西武の一員、球界OBとしてこの問題には心が痛みます。でも、この逮捕の一報を聞いた時の本音と言えば「起こるべくして起きた」という感じでした。なぜか。日本球界の「薬物検査」があまりにもズサンだからです。

 日本のプロ野球界で本格的に薬物、ドーピング検査が始まったのは確か07年です。以来、今でも公式戦期間中に抜き打ち検査が行われています。ところが、その回数といえば、せいぜい1カ月に1度か2度。各チームのベンチ入り選手のうち、くじ引きで選ばれた2、3人の選手しか検査されません。二軍にいたっては年に1回検査があるかないかといういい加減さ。ケガ人は検査が免除されることもあります。それぐらい、日本球界の薬物検査は「ユルい」のです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る