• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
GG佐藤
著者のコラム一覧
GG佐藤元プロ野球選手

1978年8月9日、千葉県市川市生まれ。桐蔭学園高、法大、米フィラデルフィア・フィリーズ1Aを経て、03年ドラフト7位で西武に入団。11年に戦力外通告後はイタリア、ロッテでプレー。13年に現役引退。現在は測量・調査・地盤改良工事を行う株式会社「トラバース」の営業マンとして活躍中。プロ通算成績は587試合で打率.276、88本塁打、270打点。身長184センチ、体重98キロ。右投げ右打ち。

ザル検査にタニマチ…球界から不祥事が一掃されない事情

【GG佐藤コラム「球界の裏側、全部話しちゃいます」】

 こんにちは。GG佐藤です。日本球界は今、激震に見舞われていますね。元巨人選手による野球賭博問題が収束したかと思えば、今度は清原さん(和博氏=48)が覚醒剤使用で逮捕・・・。僕も元西武の一員、球界OBとしてこの問題には心が痛みます。でも、この逮捕の一報を聞いた時の本音と言えば「起こるべくして起きた」という感じでした。なぜか。日本球界の「薬物検査」があまりにもズサンだからです。

 日本のプロ野球界で本格的に薬物、ドーピング検査が始まったのは確か07年です。以来、今でも公式戦期間中に抜き打ち検査が行われています。ところが、その回数といえば、せいぜい1カ月に1度か2度。各チームのベンチ入り選手のうち、くじ引きで選ばれた2、3人の選手しか検査されません。二軍にいたっては年に1回検査があるかないかといういい加減さ。ケガ人は検査が免除されることもあります。それぐらい、日本球界の薬物検査は「ユルい」のです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る