GG佐藤
著者のコラム一覧
GG佐藤元プロ野球選手

1978年8月9日、千葉県市川市生まれ。桐蔭学園高、法大、米フィラデルフィア・フィリーズ1Aを経て、03年ドラフト7位で西武に入団。11年に戦力外通告後はイタリア、ロッテでプレー。13年に現役引退。現在は測量・調査・地盤改良工事を行う株式会社「トラバース」の営業マンとして活躍中。プロ通算成績は587試合で打率.276、88本塁打、270打点。身長184センチ、体重98キロ。右投げ右打ち。

ザル検査にタニマチ…球界から不祥事が一掃されない事情

公開日: 更新日:

【GG佐藤コラム「球界の裏側、全部話しちゃいます」】

 こんにちは。GG佐藤です。日本球界は今、激震に見舞われていますね。元巨人選手による野球賭博問題が収束したかと思えば、今度は清原さん(和博氏=48)が覚醒剤使用で逮捕・・・。僕も元西武の一員、球界OBとしてこの問題には心が痛みます。でも、この逮捕の一報を聞いた時の本音と言えば「起こるべくして起きた」という感じでした。なぜか。日本球界の「薬物検査」があまりにもズサンだからです。

 日本のプロ野球界で本格的に薬物、ドーピング検査が始まったのは確か07年です。以来、今でも公式戦期間中に抜き打ち検査が行われています。ところが、その回数といえば、せいぜい1カ月に1度か2度。各チームのベンチ入り選手のうち、くじ引きで選ばれた2、3人の選手しか検査されません。二軍にいたっては年に1回検査があるかないかといういい加減さ。ケガ人は検査が免除されることもあります。それぐらい、日本球界の薬物検査は「ユルい」のです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る