定位置狙うイチローに突如追い風 正右翼手が右膝痛で離脱

公開日: 更新日:

 今季は指揮官による冷遇も予想されたベテラン外野手が、一転して出場機会が増えそうだ。

 マーリンズ・イチロー(42)のことだ。この日はナショナルズ戦に「1番・左翼」で出場。2打数1安打だった。

 今季から指揮を執るドン・マッティングリー監督は「去年は必要以上にプレーした。今年は過度に起用することはない」と断言。イチローの出場機会を減らすとほのめかしていたが、ここに来て状況は一変。主砲で正右翼手のジャンカルロ・スタントンが右膝の痛みを訴えてオープン戦を数試合欠場することになったのである。

 今回は軽症だけに休養すれば、開幕には間に合う見込みだが、スタントンにとって右膝は古傷だ。12年の手術後も、レギュラーシーズンでは毎年、不調に悩まされてきた。さらに、メジャーを代表する長距離砲だけに相手バッテリーのマークが厳しい。ここ2年連続で死球による故障で欠場している。故障リスクの高い選手だ。

 主砲が開幕早々、離脱すれば、残り65本と迫ったメジャー通算3000安打達成に追い風となるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る