• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

定位置狙うイチローに突如追い風 正右翼手が右膝痛で離脱

 今季は指揮官による冷遇も予想されたベテラン外野手が、一転して出場機会が増えそうだ。

 マーリンズ・イチロー(42)のことだ。この日はナショナルズ戦に「1番・左翼」で出場。2打数1安打だった。

 今季から指揮を執るドン・マッティングリー監督は「去年は必要以上にプレーした。今年は過度に起用することはない」と断言。イチローの出場機会を減らすとほのめかしていたが、ここに来て状況は一変。主砲で正右翼手のジャンカルロ・スタントンが右膝の痛みを訴えてオープン戦を数試合欠場することになったのである。

 今回は軽症だけに休養すれば、開幕には間に合う見込みだが、スタントンにとって右膝は古傷だ。12年の手術後も、レギュラーシーズンでは毎年、不調に悩まされてきた。さらに、メジャーを代表する長距離砲だけに相手バッテリーのマークが厳しい。ここ2年連続で死球による故障で欠場している。故障リスクの高い選手だ。

 主砲が開幕早々、離脱すれば、残り65本と迫ったメジャー通算3000安打達成に追い風となるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る