定位置狙うイチローに突如追い風 正右翼手が右膝痛で離脱

公開日: 更新日:

 今季は指揮官による冷遇も予想されたベテラン外野手が、一転して出場機会が増えそうだ。

 マーリンズ・イチロー(42)のことだ。この日はナショナルズ戦に「1番・左翼」で出場。2打数1安打だった。

 今季から指揮を執るドン・マッティングリー監督は「去年は必要以上にプレーした。今年は過度に起用することはない」と断言。イチローの出場機会を減らすとほのめかしていたが、ここに来て状況は一変。主砲で正右翼手のジャンカルロ・スタントンが右膝の痛みを訴えてオープン戦を数試合欠場することになったのである。

 今回は軽症だけに休養すれば、開幕には間に合う見込みだが、スタントンにとって右膝は古傷だ。12年の手術後も、レギュラーシーズンでは毎年、不調に悩まされてきた。さらに、メジャーを代表する長距離砲だけに相手バッテリーのマークが厳しい。ここ2年連続で死球による故障で欠場している。故障リスクの高い選手だ。

 主砲が開幕早々、離脱すれば、残り65本と迫ったメジャー通算3000安打達成に追い風となるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る