日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人はムード最悪…深刻貧打と野球賭博が暗い影落とす

 巨人がやっと得点した。

 13日の西武戦も岸の前に四回までに6三振を食らい、1安打無得点。五回に岡本和真(19)が左翼線に適時二塁打を放ったが、これが25イニングぶりの得点で、タイムリーとなると、6日の阪神戦の初回に長野が放って以来、実に49イニングぶりのことだった。

 今季はギャレット、クルーズを補強して臨みながら、これまでのオープン戦のチーム打率は.221である。.243でリーグ最低だった昨年以上に貧打は深刻だ。

 生命線だった先発投手陣だって怪しい。13勝3敗のエース格マイコラスが右肩を痛め、開幕に間に合わず。股関節の手術明けの杉内も不在。先発ローテーションは菅野、ポレダの他は、2年目・高木勇、新人・桜井、3年目の20歳・田口といったほぼ実績のない若手が名を連ねる。計算できない先発陣だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事