巨人はムード最悪…深刻貧打と野球賭博が暗い影落とす

公開日: 更新日:

 巨人がやっと得点した。

 13日の西武戦も岸の前に四回までに6三振を食らい、1安打無得点。五回に岡本和真(19)が左翼線に適時二塁打を放ったが、これが25イニングぶりの得点で、タイムリーとなると、6日の阪神戦の初回に長野が放って以来、実に49イニングぶりのことだった。

 今季はギャレット、クルーズを補強して臨みながら、これまでのオープン戦のチーム打率は.221である。.243でリーグ最低だった昨年以上に貧打は深刻だ。

 生命線だった先発投手陣だって怪しい。13勝3敗のエース格マイコラスが右肩を痛め、開幕に間に合わず。股関節の手術明けの杉内も不在。先発ローテーションは菅野、ポレダの他は、2年目・高木勇、新人・桜井、3年目の20歳・田口といったほぼ実績のない若手が名を連ねる。計算できない先発陣だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る