日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NPBにできるか 賭博4人目の腐敗巨人に「重い罪」求める声

 高木京介(26)という4人目の関与者が現れた巨人の野球賭博問題。改めて巨人の腐敗が浮き彫りになった。

 となれば、球団に科される罰も、前回のような「はしたカネ」では済まされない。昨年3選手が関与した時、NPB(日本野球機構)が巨人に与えた罰は制裁金1000万円のみ。事の重大さを認識しているとは思えないほどの軽い罰に世間は呆れ返った。それが杜撰な調査の結果、開幕直前になって新たな関与者が出てきたのだ。今度こそ厳罰を下さなければウソだ。

 巨人はすでに渡辺恒雄球団最高顧問(89)、白石興二郎オーナー(69)、桃井恒和球団会長(69)の引責辞任を発表したが、これはあくまで巨人が自主的に行ったもの。NPBの処分とは違う。

 熱心なプロ野球ファンの吉川潮氏(作家)は「もし前回同様に罰金だけなら、億単位の額を科すべきですよ」と言って、さらにこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事