日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先発5回ピシャリも 阪神・藤川「リリーフ再転向」に現実味

「一つのいい準備になった」

 笑顔でこう言ったのは阪神の藤川球児(35)。

 13日の日本ハム戦に先発し、5回を無安打1四球に抑える好投。金本監督も「真っすぐで(打者を)差し込んでいる印象」と目を細めた。

 すでに開幕ローテ入りが決定している藤川。ストレートで押す抑え時代とは違い、カーブ、フォークなど変化球を交えたニュースタイルが奏功している。先発での活躍は期待大だが、阪神OBは「問題は公式戦に入ってから」と言う。

「状況次第ではリリーフ再転向の可能性もゼロではない。抑えはマテオで決まりとはいえ、七回以降が不確定。39歳の福原はオープン戦未登板だし、38歳の安藤にも大きな負担はかけられない。中継ぎが揃って不調な場合は、経験、実績のある藤川に頼らざるを得なくなるだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事