先発5回ピシャリも 阪神・藤川「リリーフ再転向」に現実味

公開日: 更新日:

「一つのいい準備になった」

 笑顔でこう言ったのは阪神藤川球児(35)。

 13日の日本ハム戦に先発し、5回を無安打1四球に抑える好投。金本監督も「真っすぐで(打者を)差し込んでいる印象」と目を細めた。

 すでに開幕ローテ入りが決定している藤川。ストレートで押す抑え時代とは違い、カーブ、フォークなど変化球を交えたニュースタイルが奏功している。先発での活躍は期待大だが、阪神OBは「問題は公式戦に入ってから」と言う。

「状況次第ではリリーフ再転向の可能性もゼロではない。抑えはマテオで決まりとはいえ、七回以降が不確定。39歳の福原はオープン戦未登板だし、38歳の安藤にも大きな負担はかけられない。中継ぎが揃って不調な場合は、経験、実績のある藤川に頼らざるを得なくなるだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  2. 2

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  3. 3

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  9. 9

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る