なぜ2時間6分30秒 国内男子マラソン「設定記録」の無謀

公開日: 更新日:

 日本の有力選手が惨敗した28日の東京マラソンを見て、「設定記録」というものに疑問を持った者は少なくないだろう。

 日本陸上競技連盟(以下・陸連)によるリオ五輪マラソン代表の選考基準の一つである設定記録は、女子2時間22分30秒、男子2時間6分30秒。女子は福士加代子が1月の大阪国際でクリア(2時間22分17秒)したが、男子は手が届きそうにない。12月の福岡国際で総合3位(日本人1位)の佐々木悟は2時間8分56秒。東京で日本選手トップ(総合8位)の高宮祐樹(28)は2時間10分57秒と、2時間10分も切れなかった。

 東京マラソンに優勝したフェイサ・リレサ(エチオピア)のタイムも2時間6分56秒。あの軽快な走りでも設定タイムに届かないのだ。

 東京マラソンは、コースレコード(2時間5分42秒)や世界記録(2時間2分57秒)を更新すれば、それぞれ300万円、3000万円の大金が出る。海外勢で2時間7分を切った選手は7人いた。アップダウンの多い東京で世界記録更新は無理にしても、世界のマラソンレースで賞金を稼ぎまくっている連中は、当然コースレコードを狙っていたはずだ。主催者も2時間5分台を見据えて、ペースメーカーに1キロ2分58秒のハイペースを命じていた。それでも2時間6分30秒さえクリアできなかったのに、どうして今の日本選手が出せるというのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  3. 3

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

  10. 10

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る