なぜ2時間6分30秒 国内男子マラソン「設定記録」の無謀

公開日: 更新日:

 日本の有力選手が惨敗した28日の東京マラソンを見て、「設定記録」というものに疑問を持った者は少なくないだろう。

 日本陸上競技連盟(以下・陸連)によるリオ五輪マラソン代表の選考基準の一つである設定記録は、女子2時間22分30秒、男子2時間6分30秒。女子は福士加代子が1月の大阪国際でクリア(2時間22分17秒)したが、男子は手が届きそうにない。12月の福岡国際で総合3位(日本人1位)の佐々木悟は2時間8分56秒。東京で日本選手トップ(総合8位)の高宮祐樹(28)は2時間10分57秒と、2時間10分も切れなかった。

 東京マラソンに優勝したフェイサ・リレサ(エチオピア)のタイムも2時間6分56秒。あの軽快な走りでも設定タイムに届かないのだ。

 東京マラソンは、コースレコード(2時間5分42秒)や世界記録(2時間2分57秒)を更新すれば、それぞれ300万円、3000万円の大金が出る。海外勢で2時間7分を切った選手は7人いた。アップダウンの多い東京で世界記録更新は無理にしても、世界のマラソンレースで賞金を稼ぎまくっている連中は、当然コースレコードを狙っていたはずだ。主催者も2時間5分台を見据えて、ペースメーカーに1キロ2分58秒のハイペースを命じていた。それでも2時間6分30秒さえクリアできなかったのに、どうして今の日本選手が出せるというのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  3. 3

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  4. 4

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  5. 5

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  6. 6

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  9. 9

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る