世界銀の卓球と明暗 “内弁慶”招いた男子マラソンの体たらく

公開日:  更新日:

 結果には訳がある。

 卓球世界選手権団体戦(6日=マレーシア)で日本の男女が揃って決勝へ進んだのは45年ぶりのこと。さすがに中国の厚い壁は崩せず、男女とも金メダルには手が届かなかったが、日本の卓球の世界ランクは女子2位、男子3位。

 近年、国際大会で常にメダル争いをしているのは、主力の海外留学が大きい。

 例えば福原愛(27)は高校時代の06年に、中国で最もレベルの高いスーパーリーグに参加。4年後にも同リーグでプレーした。同じチームには、この日の第1試合でストレート負けした世界ランク1位の劉詩雯(24)が在籍しており、高度な技を盗んだ。

 男子の水谷隼(26)は卓球協会の強化策で中学2年の時にドイツのブンデスリーガに参戦。中国スーパーリーグにも参戦し、北京五輪金メダルの馬琳(36)と同じチームで腕を磨いた。その時の経験を水谷は「昔は中国の選手と対戦するというだけで緊張していた。それが平常心で臨めるようになった」と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る