世界銀の卓球と明暗 “内弁慶”招いた男子マラソンの体たらく

公開日:  更新日:

 結果には訳がある。

 卓球世界選手権団体戦(6日=マレーシア)で日本の男女が揃って決勝へ進んだのは45年ぶりのこと。さすがに中国の厚い壁は崩せず、男女とも金メダルには手が届かなかったが、日本の卓球の世界ランクは女子2位、男子3位。

 近年、国際大会で常にメダル争いをしているのは、主力の海外留学が大きい。

 例えば福原愛(27)は高校時代の06年に、中国で最もレベルの高いスーパーリーグに参加。4年後にも同リーグでプレーした。同じチームには、この日の第1試合でストレート負けした世界ランク1位の劉詩雯(24)が在籍しており、高度な技を盗んだ。

 男子の水谷隼(26)は卓球協会の強化策で中学2年の時にドイツのブンデスリーガに参戦。中国スーパーリーグにも参戦し、北京五輪金メダルの馬琳(36)と同じチームで腕を磨いた。その時の経験を水谷は「昔は中国の選手と対戦するというだけで緊張していた。それが平常心で臨めるようになった」と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る