消えない不安要素 楽天浮沈のカギは新人オコエと釜田が握る

公開日: 更新日:

 2年連続最下位となった昨季のチーム防御率3.82、被本塁打113本はともにリーグワースト。だというのにロクな補強をしなかった。4年連続開幕投手を務めるエース則本昂大(25)を除いて、計算できる先発投手がダレもいない。

「明るい材料はルーキーイヤーの2012年に7勝(4敗)を挙げた釜田佳直(22)です。ここまでオープン戦3試合に登板して1失点。14年にトミー・ジョン手術を受けたが、順調に回復している。本人も『ここ2、3年にないぐらい、良いコンディション』と、手ごたえを感じています」(担当記者)

 手薄な先発投手陣同様、打撃陣も不安要素ばかり。昨季のチーム打率2割4分1厘、85本塁打もリーグワースト。打線の立て直しのため、メキシカンリーグ2冠のアマダ―(29)を4番候補として獲得したものの、左手首の負傷のため、開幕絶望。実戦復帰は5月半ば以降の見通しだ。またメジャー通算162本塁打の新外国人ゴームズ(35)も、迫力不足。FAで補強した今江敏晃(32)は左足の負傷でキャンプから二軍調整中、開幕一軍はビミョーな状態。とてもじゃないが貧打解消、長打力不足を補えるとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る