消えない不安要素 楽天浮沈のカギは新人オコエと釜田が握る

公開日: 更新日:

 2年連続最下位となった昨季のチーム防御率3.82、被本塁打113本はともにリーグワースト。だというのにロクな補強をしなかった。4年連続開幕投手を務めるエース則本昂大(25)を除いて、計算できる先発投手がダレもいない。

「明るい材料はルーキーイヤーの2012年に7勝(4敗)を挙げた釜田佳直(22)です。ここまでオープン戦3試合に登板して1失点。14年にトミー・ジョン手術を受けたが、順調に回復している。本人も『ここ2、3年にないぐらい、良いコンディション』と、手ごたえを感じています」(担当記者)

 手薄な先発投手陣同様、打撃陣も不安要素ばかり。昨季のチーム打率2割4分1厘、85本塁打もリーグワースト。打線の立て直しのため、メキシカンリーグ2冠のアマダ―(29)を4番候補として獲得したものの、左手首の負傷のため、開幕絶望。実戦復帰は5月半ば以降の見通しだ。またメジャー通算162本塁打の新外国人ゴームズ(35)も、迫力不足。FAで補強した今江敏晃(32)は左足の負傷でキャンプから二軍調整中、開幕一軍はビミョーな状態。とてもじゃないが貧打解消、長打力不足を補えるとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る