消えない不安要素 楽天浮沈のカギは新人オコエと釜田が握る

公開日:  更新日:

 2年連続最下位となった昨季のチーム防御率3.82、被本塁打113本はともにリーグワースト。だというのにロクな補強をしなかった。4年連続開幕投手を務めるエース則本昂大(25)を除いて、計算できる先発投手がダレもいない。

「明るい材料はルーキーイヤーの2012年に7勝(4敗)を挙げた釜田佳直(22)です。ここまでオープン戦3試合に登板して1失点。14年にトミー・ジョン手術を受けたが、順調に回復している。本人も『ここ2、3年にないぐらい、良いコンディション』と、手ごたえを感じています」(担当記者)

 手薄な先発投手陣同様、打撃陣も不安要素ばかり。昨季のチーム打率2割4分1厘、85本塁打もリーグワースト。打線の立て直しのため、メキシカンリーグ2冠のアマダ―(29)を4番候補として獲得したものの、左手首の負傷のため、開幕絶望。実戦復帰は5月半ば以降の見通しだ。またメジャー通算162本塁打の新外国人ゴームズ(35)も、迫力不足。FAで補強した今江敏晃(32)は左足の負傷でキャンプから二軍調整中、開幕一軍はビミョーな状態。とてもじゃないが貧打解消、長打力不足を補えるとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る