消えない不安要素 楽天浮沈のカギは新人オコエと釜田が握る

公開日:  更新日:

 2年連続最下位となった昨季のチーム防御率3.82、被本塁打113本はともにリーグワースト。だというのにロクな補強をしなかった。4年連続開幕投手を務めるエース則本昂大(25)を除いて、計算できる先発投手がダレもいない。

「明るい材料はルーキーイヤーの2012年に7勝(4敗)を挙げた釜田佳直(22)です。ここまでオープン戦3試合に登板して1失点。14年にトミー・ジョン手術を受けたが、順調に回復している。本人も『ここ2、3年にないぐらい、良いコンディション』と、手ごたえを感じています」(担当記者)

 手薄な先発投手陣同様、打撃陣も不安要素ばかり。昨季のチーム打率2割4分1厘、85本塁打もリーグワースト。打線の立て直しのため、メキシカンリーグ2冠のアマダ―(29)を4番候補として獲得したものの、左手首の負傷のため、開幕絶望。実戦復帰は5月半ば以降の見通しだ。またメジャー通算162本塁打の新外国人ゴームズ(35)も、迫力不足。FAで補強した今江敏晃(32)は左足の負傷でキャンプから二軍調整中、開幕一軍はビミョーな状態。とてもじゃないが貧打解消、長打力不足を補えるとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る