地味キャンプ楽天の客寄せ…オコエのパンクがいよいよ心配

公開日: 更新日:

 見どころのない試合だった。

 楽天が韓国の起亜タイガースと練習試合を行い、0―4と完封負け。注目のドラ1ルーキーのオコエ瑠偉(18)は8番・センターで出場。九回、左中間寄りの中飛をスライディングキャッチするなど、無難に守備をこなしたものの、課題の打撃は4打数無安打2三振とサッパリだった。

 それでも梨田監督は「反応が速いというか、1歩目のスタートがいい。守備、走塁に関しては一軍で十分やれる。まだまだ(一軍に)置いておきたい。(オコエを)見たいと思う人も多いと思うので」と評価した。

 オコエ本人は「自分のプレーにはこだわりはない。(スライディングキャッチは)どうも思っていない」と、普通のプレーといわんばかりだった。

 阪神巨人のように監督が代わっても、まったく注目されない楽天キャンプはオコエぐらいしか話題がない。派手な活躍をしてくれないとメディアも困る。首脳陣が口をそろえて、「打撃はまだまだ」と言いながら、オコエを一軍キャンプに帯同させたのも、メディアに大きく取り上げてもらいキャンプを盛り上げるため。

 しかし、実力が伴わなければそれも無理がある。

「キャンプも半分を過ぎて、疲れもピークに達している頃。慣れない環境で精神的負担も大きい」とは球界OBだ。

 二軍でのびのび育てる方がいいのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る