感覚だけを頼りに…タンデムで魅せる鹿沼由里恵の“神業”

公開日:  更新日:

 2人乗り自転車を駆り、ロードやトラックでタイムを競うパラサイクルの「タンデム」。この競技でリオ・パラ五輪金メダルを目指すのが鹿沼由里恵さん(34)だ。先天性の弱視で、視力は0・02ほど。前方がほとんど見えず、僅かに左右から入る光で競技活動に励んでいる。

 タンデムと出会ったのは4年前の2012年5月。当時、クロスカントリー選手としてソチ・パラ五輪での金メダルを目指していたが、転倒により左肩靭帯を損傷。競技続行が困難になった際、カナダのライバル選手が薦めてくれたのがきっかけだった。

「今の自分の状況を相談したら紹介してくれました。タンデムの存在自体は知っていましたが、まさか女子種目があるとは思わなくて。試してみると風を切る感覚が本当に気持ちよかった。すぐに『やれる』と自信が出てきました」

 以後、本格的にパラサイクリングを始めると、14年のロード世界選手権タイムトライアル部門で優勝。一気にタンデム界のトップ選手へとのし上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る