感覚だけを頼りに…タンデムで魅せる鹿沼由里恵の“神業”

公開日:  更新日:

 2人乗り自転車を駆り、ロードやトラックでタイムを競うパラサイクルの「タンデム」。この競技でリオ・パラ五輪金メダルを目指すのが鹿沼由里恵さん(34)だ。先天性の弱視で、視力は0・02ほど。前方がほとんど見えず、僅かに左右から入る光で競技活動に励んでいる。

 タンデムと出会ったのは4年前の2012年5月。当時、クロスカントリー選手としてソチ・パラ五輪での金メダルを目指していたが、転倒により左肩靭帯を損傷。競技続行が困難になった際、カナダのライバル選手が薦めてくれたのがきっかけだった。

「今の自分の状況を相談したら紹介してくれました。タンデムの存在自体は知っていましたが、まさか女子種目があるとは思わなくて。試してみると風を切る感覚が本当に気持ちよかった。すぐに『やれる』と自信が出てきました」

 以後、本格的にパラサイクリングを始めると、14年のロード世界選手権タイムトライアル部門で優勝。一気にタンデム界のトップ選手へとのし上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る