感覚だけを頼りに…タンデムで魅せる鹿沼由里恵の“神業”

公開日: 更新日:

 2人乗り自転車を駆り、ロードやトラックでタイムを競うパラサイクルの「タンデム」。この競技でリオ・パラ五輪金メダルを目指すのが鹿沼由里恵さん(34)だ。先天性の弱視で、視力は0・02ほど。前方がほとんど見えず、僅かに左右から入る光で競技活動に励んでいる。

 タンデムと出会ったのは4年前の2012年5月。当時、クロスカントリー選手としてソチ・パラ五輪での金メダルを目指していたが、転倒により左肩靭帯を損傷。競技続行が困難になった際、カナダのライバル選手が薦めてくれたのがきっかけだった。

「今の自分の状況を相談したら紹介してくれました。タンデムの存在自体は知っていましたが、まさか女子種目があるとは思わなくて。試してみると風を切る感覚が本当に気持ちよかった。すぐに『やれる』と自信が出てきました」

 以後、本格的にパラサイクリングを始めると、14年のロード世界選手権タイムトライアル部門で優勝。一気にタンデム界のトップ選手へとのし上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る