日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪追加種目に残った「ローラースポーツ」って何だ?

 クビをひねった人も多かったのではないか。2020年の東京五輪・パラリンピック組織委員会の検討会議が22日公表した東京五輪の「追加種目」。野球・ソフトボールやスカッシュなどが予想通り、最終選考に進んだが、その中でイマイチ馴染みが薄かったのが「ローラースポーツ」だ。

 組織委は国際的な普及度や競技人口などを基準に選考したというが、どんなスポーツなのか。日本ローラースポーツ連盟の担当者に聞いた。

「ローラースポーツは車輪付きのシューズを履いて行う競技です。『スピード』『フィギュア』『ホッケー』に大別でき、五輪の最終選考に残ったのは『スピード』。名前の通り、速さを競う種目です。国内には約100人の選手がいて、5年前の世界大会で銀メダルを取った選手もいます」

 世界ではナント! 競技人口が5000万人を超える人気のスポーツだという。だが、失礼ながら日本国内の知名度はチョボチョボだ。なぜ、最終選考に残れたのか。

「競技を『スピード』に絞ったことで、会場の施設費が大幅に削減できるほか、会場の設営は3日ほどあれば十分。省エネ効果が評価されたのだと思います」(日本ローラースポーツ連盟)

 五輪選手を目指すならコレかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事