東京五輪追加種目に残った「ローラースポーツ」って何だ?

公開日: 更新日:

 クビをひねった人も多かったのではないか。2020年の東京五輪・パラリンピック組織委員会の検討会議が22日公表した東京五輪の「追加種目」。野球・ソフトボールやスカッシュなどが予想通り、最終選考に進んだが、その中でイマイチ馴染みが薄かったのが「ローラースポーツ」だ。

 組織委は国際的な普及度や競技人口などを基準に選考したというが、どんなスポーツなのか。日本ローラースポーツ連盟の担当者に聞いた。

「ローラースポーツは車輪付きのシューズを履いて行う競技です。『スピード』『フィギュア』『ホッケー』に大別でき、五輪の最終選考に残ったのは『スピード』。名前の通り、速さを競う種目です。国内には約100人の選手がいて、5年前の世界大会で銀メダルを取った選手もいます」

 世界ではナント! 競技人口が5000万人を超える人気のスポーツだという。だが、失礼ながら日本国内の知名度はチョボチョボだ。なぜ、最終選考に残れたのか。

「競技を『スピード』に絞ったことで、会場の施設費が大幅に削減できるほか、会場の設営は3日ほどあれば十分。省エネ効果が評価されたのだと思います」(日本ローラースポーツ連盟)

 五輪選手を目指すならコレかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る