リオ目指すブラサカ代表・魚住監督 「日本は分析力で世界一」

公開日: 更新日:

 視覚障がい者サッカーの「ブラインドサッカー日本代表」が、16年リオ・パラリンピック出場をかけて、9月2日に開幕する「アジア選手権」(代々木競技場。7日まで)に臨む。アジア出場枠は「2」。狭き門を突破してパラリンピック初出場はかなうのか? 日本代表の魚住稿監督(38)に聞いた。

■強豪と最初に当たってむしろ良かった

――日本代表の主力選手の特徴を教えて下さい。

「DF田中章仁(37)は守備の要です。ボールがどこにあり、相手と味方の位置はどこか、などのサーチ能力に優れ、的確なコーチングのできる中心選手です。MF黒田智成(36)は、ブラインドサッカー草創期からプレーしている日本のエースです。ルーズボールの反応に優れ、左右両足でシュートを打てます」

――14年11月、日本で開催された世界選手権の初戦パラグアイ戦で、黒田選手が鮮やかなドリブルシュートを決めました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る