新守護神は登板させず…金本阪神「マテオ隠し」の狙い

公開日: 更新日:

「開幕したらいずれ対戦するとはいえ、早く見てみたいのはある」

 こう語るのは、ヤクルトのチーム関係者。阪神の新助っ人・マテオ(31=パドレス)についてだ。

 阪神は17日のヤクルト戦を1-1で引き分けた。ヤクルトがペレス(31=ブルージェイズ)、ルーキ(31=メキシカンリーグ)と、リリーフ起用が濃厚な新助っ人投手を惜しみなく投入した一方で、阪神は昨年の呉昇桓(現カージナルス)に代わる新守護神の登板はなかった。

 前日(16日)のロッテ戦で1回3分の2を投げるイニングまたぎをしたこともあったのだろうが、ここまで紅白戦を含めた実戦6試合で失点ゼロの防御率0.00。完璧に抑えているうえ、オープン戦の登板はソフトバンク西武といったパ球団のみで、セの5球団相手にまだ一度も投げていないのだ。

「金本監督はおそらく、公式戦を戦うセのライバル球団に対して、手の内を隠しておきたいんでしょう」とは、セの関係者だ。

「マテオの球種は主にストレートとスライダーの2種類。トルネード気味に体をひねり、サイドから150キロ前後のストレートを投げてくる。打者に向かってくるように見えるので、とくに右打者は怖さを感じるでしょう。加えて、スライダーはキレが抜群。鋭く曲がるだけでなく、日本人投手が投げないような独特の軌道を描いている。このスライダーを左打者のインコースに投げることもあるからやっかいです。打者は実際に打席に立って球筋を見てみないと、とらえるのは難しいかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍