OP戦最終登板で好投 ヤンキース田中が2年連続開幕投手へ

公開日: 更新日:

 日本人エース右腕がオープン戦最後のマウンドで結果を残した。

 右肘手術からの復活を目指すヤンキース・田中将大(27)が29日(日本時間30日)のフィリーズ戦に登板し、4回を7安打1失点、5奪三振。試合前から降り始めた雨が強まったため、四回終了時にノーゲームとなった。

 9安打7失点と打ち込まれた前回(23日)のナショナルズ戦では直球の最速は143キロ止まりだったが、この日は148キロを記録。味方の拙守もあって毎回のように走者を出しながらも要所を締める本来の持ち味を取り戻した。

 試合後はブルペンで投げ込んだ田中は「自分の感触では投げているボールは前回の登板と比べて数段、良かった。走者を出しながら粘れたのが一番(の収穫)だと思う」と満足そうな表情。「もう開幕を迎えても問題ない。いつ投げるかだけなので、そこに向けて準備をしていくだけ」と手応えを口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る