OP戦最終登板で好投 ヤンキース田中が2年連続開幕投手へ

公開日:  更新日:

 日本人エース右腕がオープン戦最後のマウンドで結果を残した。

 右肘手術からの復活を目指すヤンキース・田中将大(27)が29日(日本時間30日)のフィリーズ戦に登板し、4回を7安打1失点、5奪三振。試合前から降り始めた雨が強まったため、四回終了時にノーゲームとなった。

 9安打7失点と打ち込まれた前回(23日)のナショナルズ戦では直球の最速は143キロ止まりだったが、この日は148キロを記録。味方の拙守もあって毎回のように走者を出しながらも要所を締める本来の持ち味を取り戻した。

 試合後はブルペンで投げ込んだ田中は「自分の感触では投げているボールは前回の登板と比べて数段、良かった。走者を出しながら粘れたのが一番(の収穫)だと思う」と満足そうな表情。「もう開幕を迎えても問題ない。いつ投げるかだけなので、そこに向けて準備をしていくだけ」と手応えを口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る