OP戦最終登板で好投 ヤンキース田中が2年連続開幕投手へ

公開日: 更新日:

 日本人エース右腕がオープン戦最後のマウンドで結果を残した。

 右肘手術からの復活を目指すヤンキース・田中将大(27)が29日(日本時間30日)のフィリーズ戦に登板し、4回を7安打1失点、5奪三振。試合前から降り始めた雨が強まったため、四回終了時にノーゲームとなった。

 9安打7失点と打ち込まれた前回(23日)のナショナルズ戦では直球の最速は143キロ止まりだったが、この日は148キロを記録。味方の拙守もあって毎回のように走者を出しながらも要所を締める本来の持ち味を取り戻した。

 試合後はブルペンで投げ込んだ田中は「自分の感触では投げているボールは前回の登板と比べて数段、良かった。走者を出しながら粘れたのが一番(の収穫)だと思う」と満足そうな表情。「もう開幕を迎えても問題ない。いつ投げるかだけなので、そこに向けて準備をしていくだけ」と手応えを口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る