OP戦最終登板で好投 ヤンキース田中が2年連続開幕投手へ

公開日:  更新日:

 日本人エース右腕がオープン戦最後のマウンドで結果を残した。

 右肘手術からの復活を目指すヤンキース・田中将大(27)が29日(日本時間30日)のフィリーズ戦に登板し、4回を7安打1失点、5奪三振。試合前から降り始めた雨が強まったため、四回終了時にノーゲームとなった。

 9安打7失点と打ち込まれた前回(23日)のナショナルズ戦では直球の最速は143キロ止まりだったが、この日は148キロを記録。味方の拙守もあって毎回のように走者を出しながらも要所を締める本来の持ち味を取り戻した。

 試合後はブルペンで投げ込んだ田中は「自分の感触では投げているボールは前回の登板と比べて数段、良かった。走者を出しながら粘れたのが一番(の収穫)だと思う」と満足そうな表情。「もう開幕を迎えても問題ない。いつ投げるかだけなので、そこに向けて準備をしていくだけ」と手応えを口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る