• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

田中将が7失点…メジャー通「今季も被HR多い」指摘の根拠

 悪い癖は相変わらずだ。

 ヤンキース・田中将大(27)が23日(日本時間24日)のナショナルズ戦に登板。オープン戦4試合目のマウンドは4回9安打7失点。三回に7番ラモス、9番ドリューに2本の本塁打を浴びるなど大乱調。2年連続の開幕投手が有力視されているが、ピリッとしない投球内容に不安を残した。

 過去2年は右肘痛など相次ぐ故障に見舞われ、シーズン途中で離脱。投球内容は先発投手の基準ともいうべき200回に2年続けて届かなかった。ヤンキースの2年連続のポストシーズン進出はエース右腕の働き次第だが、昨季までの投球内容では心もとない。

 昨季の被本塁打25本はサバシア(28本)に次いでチームワースト2位。そのうち19本がソロ本塁打とはいえ、一発が致命傷となり白星を手にできないケースは少なくなかった。実際、サイ・ヤング賞左腕カイクルと投げ合った昨季のワイルドカードゲームではソロアーチを2本許して5回KO。チームは地区シリーズ進出を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る