田中将が7失点…メジャー通「今季も被HR多い」指摘の根拠

公開日: 更新日:

 悪い癖は相変わらずだ。

 ヤンキース・田中将大(27)が23日(日本時間24日)のナショナルズ戦に登板。オープン戦4試合目のマウンドは4回9安打7失点。三回に7番ラモス、9番ドリューに2本の本塁打を浴びるなど大乱調。2年連続の開幕投手が有力視されているが、ピリッとしない投球内容に不安を残した。

 過去2年は右肘痛など相次ぐ故障に見舞われ、シーズン途中で離脱。投球内容は先発投手の基準ともいうべき200回に2年続けて届かなかった。ヤンキースの2年連続のポストシーズン進出はエース右腕の働き次第だが、昨季までの投球内容では心もとない。

 昨季の被本塁打25本はサバシア(28本)に次いでチームワースト2位。そのうち19本がソロ本塁打とはいえ、一発が致命傷となり白星を手にできないケースは少なくなかった。実際、サイ・ヤング賞左腕カイクルと投げ合った昨季のワイルドカードゲームではソロアーチを2本許して5回KO。チームは地区シリーズ進出を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る