田中将が7失点…メジャー通「今季も被HR多い」指摘の根拠

公開日:  更新日:

 悪い癖は相変わらずだ。

 ヤンキース・田中将大(27)が23日(日本時間24日)のナショナルズ戦に登板。オープン戦4試合目のマウンドは4回9安打7失点。三回に7番ラモス、9番ドリューに2本の本塁打を浴びるなど大乱調。2年連続の開幕投手が有力視されているが、ピリッとしない投球内容に不安を残した。

 過去2年は右肘痛など相次ぐ故障に見舞われ、シーズン途中で離脱。投球内容は先発投手の基準ともいうべき200回に2年続けて届かなかった。ヤンキースの2年連続のポストシーズン進出はエース右腕の働き次第だが、昨季までの投球内容では心もとない。

 昨季の被本塁打25本はサバシア(28本)に次いでチームワースト2位。そのうち19本がソロ本塁打とはいえ、一発が致命傷となり白星を手にできないケースは少なくなかった。実際、サイ・ヤング賞左腕カイクルと投げ合った昨季のワイルドカードゲームではソロアーチを2本許して5回KO。チームは地区シリーズ進出を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る