OP戦大乱調で憶測 ヤンキース田中“古傷再発”で長期離脱も

公開日: 更新日:

 開幕どころか長期離脱もある。

 2年連続の開幕投手が有力視されているヤンキース・田中将大(27)。オープン戦4試合目の登板となった23日(日本時間24日)のナショナルズ戦は4回を9安打7失点。三回に2本塁打を浴びるなど自己最多の自責点7と大乱調だった。

 一夜明けた24日は全体練習への参加を免除され休養。ロスチャイルド投手コーチは前日の田中の投球について「特にスライダーには本来の切れがなかった。投げながらフォームについて考え過ぎていたようだ」と話したが、エース右腕の肩、肘に異変が生じた可能性もある。

 一発を打たれたのは高めに浮いた直球と変化球だ。投球フォームに力感はなく、腕の振りも鈍い。球に力がない上に、変化球にも切れがなかった。

 田中は移籍1年目の7月に右肘靱帯を部分断裂した。今回の状況は当時と似通っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る