OP戦大乱調で憶測 ヤンキース田中“古傷再発”で長期離脱も

公開日:  更新日:

 開幕どころか長期離脱もある。

 2年連続の開幕投手が有力視されているヤンキース・田中将大(27)。オープン戦4試合目の登板となった23日(日本時間24日)のナショナルズ戦は4回を9安打7失点。三回に2本塁打を浴びるなど自己最多の自責点7と大乱調だった。

 一夜明けた24日は全体練習への参加を免除され休養。ロスチャイルド投手コーチは前日の田中の投球について「特にスライダーには本来の切れがなかった。投げながらフォームについて考え過ぎていたようだ」と話したが、エース右腕の肩、肘に異変が生じた可能性もある。

 一発を打たれたのは高めに浮いた直球と変化球だ。投球フォームに力感はなく、腕の振りも鈍い。球に力がない上に、変化球にも切れがなかった。

 田中は移籍1年目の7月に右肘靱帯を部分断裂した。今回の状況は当時と似通っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る