OP戦大乱調で憶測 ヤンキース田中“古傷再発”で長期離脱も

公開日: 更新日:

 開幕どころか長期離脱もある。

 2年連続の開幕投手が有力視されているヤンキース・田中将大(27)。オープン戦4試合目の登板となった23日(日本時間24日)のナショナルズ戦は4回を9安打7失点。三回に2本塁打を浴びるなど自己最多の自責点7と大乱調だった。

 一夜明けた24日は全体練習への参加を免除され休養。ロスチャイルド投手コーチは前日の田中の投球について「特にスライダーには本来の切れがなかった。投げながらフォームについて考え過ぎていたようだ」と話したが、エース右腕の肩、肘に異変が生じた可能性もある。

 一発を打たれたのは高めに浮いた直球と変化球だ。投球フォームに力感はなく、腕の振りも鈍い。球に力がない上に、変化球にも切れがなかった。

 田中は移籍1年目の7月に右肘靱帯を部分断裂した。今回の状況は当時と似通っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る