残るは田沢のみ? メジャー日本人投手に体調不良者続出

公開日: 更新日:

 オープン戦も終盤に入って日本人投手にボロが出始めた。

 レッドソックスのファレル監督は24日、実戦登板から離れている上原浩治(40)について「体のだるさを訴えている」と説明。上原は2月のキャンプインの際にもめまいを訴えた。調整の遅れは必至で開幕に間に合わない可能性もある。

 2年連続の開幕投手が有力視されていたヤンキース・田中将大(27)は23日のナショナルズ戦での自己ワーストの自責点7。球威、変化球の切れとも本調子ではなく、14年に患った右肘靱帯部分断裂の再発もささやかれ始めた。

 ここまで4試合(計12回)に登板して防御率6・00と打ち込まれているマリナーズ・岩隈久志(34)も単なる不調ではなさそうだ。実はオープン戦に入ってから首に張りや痛みを訴えており、肩や肘に何らかの異常を抱えているとみられる。昨季開幕直後には首から肩に連なる僧帽筋を痛めて故障者リスト(DL)入りしただけに、田中と同様に古傷の再発が心配されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る