残るは田沢のみ? メジャー日本人投手に体調不良者続出

公開日:  更新日:

 オープン戦も終盤に入って日本人投手にボロが出始めた。

 レッドソックスのファレル監督は24日、実戦登板から離れている上原浩治(40)について「体のだるさを訴えている」と説明。上原は2月のキャンプインの際にもめまいを訴えた。調整の遅れは必至で開幕に間に合わない可能性もある。

 2年連続の開幕投手が有力視されていたヤンキース・田中将大(27)は23日のナショナルズ戦での自己ワーストの自責点7。球威、変化球の切れとも本調子ではなく、14年に患った右肘靱帯部分断裂の再発もささやかれ始めた。

 ここまで4試合(計12回)に登板して防御率6・00と打ち込まれているマリナーズ・岩隈久志(34)も単なる不調ではなさそうだ。実はオープン戦に入ってから首に張りや痛みを訴えており、肩や肘に何らかの異常を抱えているとみられる。昨季開幕直後には首から肩に連なる僧帽筋を痛めて故障者リスト(DL)入りしただけに、田中と同様に古傷の再発が心配されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る