“そろそろ終わり”の明徳・馬淵監督に囁かれる次の就職先

公開日: 更新日:

 歴代5位の春夏甲子園通算45勝の名将もお手上げだった。21日の1回戦で龍谷大平安との強豪校対決に1-7で完敗した明徳義塾(高知)。84年の初出場から続いていた夏の初戦勝利が16連勝で止まった昨夏に続き、2季連続の初戦敗退となった。

 馬淵史郎監督(60)は「完敗。今までの敗戦の中で一番恥ずかしい。手も足も出ない。まるでサンドバッグ。こんなチームで甲子園に出たらいかん。監督の力が衰えている」とまくし立てた。

 そういえば、昨夏の初戦敗退後はこんなことを言っていた。

「オレもそろそろ終わり。今年で定年だし」と言い、その後に「でも、それじゃ食べていけん。定年を越えてもやりますよ。理事長からはいつまでやってもいいと言われてるし」と報道陣を見渡してニヤリ。

「うちは来年出てきたら強い。(02年夏)優勝した時のチーム力がある。優勝したら辞めてもいい」とブチ上げていたチームでの惨敗。心が折れてもおかしくない状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る