八戸学院光星監督 野球賭博問題に「生徒のプロ入り心配」

公開日: 更新日:

 26日は八戸学院光星(青森)が登場する。10年の就任以来、一度も初戦敗退がない仲井宗基監督(45)に東北の野球のレベル、球界を騒がせている野球賭博問題、教え子の坂本勇人(27=巨人)について聞いた。

――青森も含めて東北全体のレベルは上がりましたか?

「かつて東北といえば、宮城の東北、仙台育英が引っ張っていましたが、他のチームは口では『日本一』や『全国制覇』と言いながら、本気ではなかったと思います。やはり環境的なもの。私は今年で東北が24年目になりますが、冬は4時半には真っ暗になります。昔は照明も室内練習場もない。練習時間も限られていて、やりたくてもできなかったんです。それが最近は環境が変わってきた。ウチも1年ちょっと前に立派な室内練習場を造ってもらって、練習量を確保できるようになった。本気で日本一を目指すチームが出てきた。指導者の意識が変わったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る