重圧で不登校気味に 高松商・長尾監督明かす伝統校での苦労

公開日:  更新日:

 24日は20年ぶり、26回目の出場となる古豪・高松商(香川)が登場する。昨秋の明治神宮大会では大阪桐蔭(大阪)、敦賀気比(福井)を撃破して、初優勝した。チームを率いる長尾健司監督(45)は丸亀(香川)出身で、14年4月に就任した保健体育教諭。同校OB以外の監督が異例ならば、県内の中学軟式野球の指導者だった経歴も異色だ。“外野”のやかましい伝統校で“外様”の監督が指揮を執る苦労を聞いた。

――高松商の監督になったのは、中学と高校の人事交流といわれていますが、詳しい経緯を教えてください。

「それが私も詳しいことはわからないんですよ。義務教育の中学校と高校教育では、(教育委員会の)部署が違う。おそらく、上の方たちが香川県の野球に一石を投じようという狙いがあったのか……?」

――伝統校の指揮を執るプレッシャーはありませんでしたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る