• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

重圧で不登校気味に 高松商・長尾監督明かす伝統校での苦労

 24日は20年ぶり、26回目の出場となる古豪・高松商(香川)が登場する。昨秋の明治神宮大会では大阪桐蔭(大阪)、敦賀気比(福井)を撃破して、初優勝した。チームを率いる長尾健司監督(45)は丸亀(香川)出身で、14年4月に就任した保健体育教諭。同校OB以外の監督が異例ならば、県内の中学軟式野球の指導者だった経歴も異色だ。“外野”のやかましい伝統校で“外様”の監督が指揮を執る苦労を聞いた。

――高松商の監督になったのは、中学と高校の人事交流といわれていますが、詳しい経緯を教えてください。

「それが私も詳しいことはわからないんですよ。義務教育の中学校と高校教育では、(教育委員会の)部署が違う。おそらく、上の方たちが香川県の野球に一石を投じようという狙いがあったのか……?」

――伝統校の指揮を執るプレッシャーはありませんでしたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る