重圧で不登校気味に 高松商・長尾監督明かす伝統校での苦労

公開日: 更新日:

 24日は20年ぶり、26回目の出場となる古豪・高松商(香川)が登場する。昨秋の明治神宮大会では大阪桐蔭(大阪)、敦賀気比(福井)を撃破して、初優勝した。チームを率いる長尾健司監督(45)は丸亀(香川)出身で、14年4月に就任した保健体育教諭。同校OB以外の監督が異例ならば、県内の中学軟式野球の指導者だった経歴も異色だ。“外野”のやかましい伝統校で“外様”の監督が指揮を執る苦労を聞いた。

――高松商の監督になったのは、中学と高校の人事交流といわれていますが、詳しい経緯を教えてください。

「それが私も詳しいことはわからないんですよ。義務教育の中学校と高校教育では、(教育委員会の)部署が違う。おそらく、上の方たちが香川県の野球に一石を投じようという狙いがあったのか……?」

――伝統校の指揮を執るプレッシャーはありませんでしたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る