重圧で不登校気味に 高松商・長尾監督明かす伝統校での苦労

公開日: 更新日:

 24日は20年ぶり、26回目の出場となる古豪・高松商(香川)が登場する。昨秋の明治神宮大会では大阪桐蔭(大阪)、敦賀気比(福井)を撃破して、初優勝した。チームを率いる長尾健司監督(45)は丸亀(香川)出身で、14年4月に就任した保健体育教諭。同校OB以外の監督が異例ならば、県内の中学軟式野球の指導者だった経歴も異色だ。“外野”のやかましい伝統校で“外様”の監督が指揮を執る苦労を聞いた。

――高松商の監督になったのは、中学と高校の人事交流といわれていますが、詳しい経緯を教えてください。

「それが私も詳しいことはわからないんですよ。義務教育の中学校と高校教育では、(教育委員会の)部署が違う。おそらく、上の方たちが香川県の野球に一石を投じようという狙いがあったのか……?」

――伝統校の指揮を執るプレッシャーはありませんでしたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る