平昌五輪向け韓国フィギュアが狙うユ・ヨン出場の“秘策”

公開日:  更新日:

 フィギュアスケートの今季を締めくくる世界選手権(米・ボストン)の女子ショートプログラム(SP)は、2月の4大陸選手権を制した宮原知子(18)は6位。同3位だった本郷理華(19)は、自己ベストを更新する演技で7位発進となった。

 今大会は2季ぶりの出場となる浅田真央(25)は、調整のために4大陸選手権を欠場。3カ月ぶりの試合となったが、トリプルアクセルの着氷が乱れ手をつくなどのミスが出て9位と出遅れたが、日本より深刻なのがお隣りの韓国。18年平昌五輪を控える韓国のチェ・ダビン(16)は16位。パク・ソヨン(18)も22位。上位争いは厳しい状況だからだ。

 彼女たちを送り出している韓国のフィギュア界は、真央の氷上復帰や有望な若手選手が続々出てくる日本を羨ましく思っているそうだ。

 韓国の女子フィギュアは、14年ソチ五輪を最後に引退したキム・ヨナ(25)に続く選手が育っていない。今大会に出場しているパク・ソヨンは、欧州勢が出ていない4大陸選手権4位がベスト。チェ・ダビンは、ジュニアのグランプリ・シリーズ(GP)でも頂点に立てなかった。両者とも、平昌五輪キップは手にできても、メダルを争うにはまだまだ力不足とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る