平昌五輪向け韓国フィギュアが狙うユ・ヨン出場の“秘策”

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートの今季を締めくくる世界選手権(米・ボストン)の女子ショートプログラム(SP)は、2月の4大陸選手権を制した宮原知子(18)は6位。同3位だった本郷理華(19)は、自己ベストを更新する演技で7位発進となった。

 今大会は2季ぶりの出場となる浅田真央(25)は、調整のために4大陸選手権を欠場。3カ月ぶりの試合となったが、トリプルアクセルの着氷が乱れ手をつくなどのミスが出て9位と出遅れたが、日本より深刻なのがお隣りの韓国。18年平昌五輪を控える韓国のチェ・ダビン(16)は16位。パク・ソヨン(18)も22位。上位争いは厳しい状況だからだ。

 彼女たちを送り出している韓国のフィギュア界は、真央の氷上復帰や有望な若手選手が続々出てくる日本を羨ましく思っているそうだ。

 韓国の女子フィギュアは、14年ソチ五輪を最後に引退したキム・ヨナ(25)に続く選手が育っていない。今大会に出場しているパク・ソヨンは、欧州勢が出ていない4大陸選手権4位がベスト。チェ・ダビンは、ジュニアのグランプリ・シリーズ(GP)でも頂点に立てなかった。両者とも、平昌五輪キップは手にできても、メダルを争うにはまだまだ力不足とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る