ライバルの“横やり”なんの 羽生SP首位で2季ぶり世界Vへ

公開日: 更新日:

「絶対王者」が好スタートを切った。

 フィギュアスケートの世界選手権は米国・マサチューセッツ州ボストンで30日(日本時間31日)に開幕した。GPファイナル3連覇中で今大会は2季ぶりの優勝を狙う羽生結弦(21)がSPで110.56をマークしトップに立った。自己最高の110.95越えはならなかったが、ほぼ完璧な演技で1日のフリーに弾みをつけた。

 だが、安心はできない。今季はNHK杯、GPファイナル(スペイン・バルセロナ)の2戦連続で歴代最高得点を更新し、今大会も更なる上積みが期待される羽生にライバルの横やりが入ったからだ。

 この日、午前に行われた公式練習でSPの曲をかけて調整している時だった。後半の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を試みた際、目の前でスピンしていたソチ五輪銅メダリストのデニス・テン(22=カザフスタン)と接触しそうになり転倒。壁に激突すると、壁にパンチして怒りを爆発させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  8. 8

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る