ヤクルト小川泰弘 先輩・石川から伝授された「エース道」

公開日: 更新日:

「長いイニングを投げ、リリーフ投手を休ませることができた。一番いい形で勝てた」

 ヤクルトのエースが喜びをかみしめた。

 1日の中日戦に先発し、3安打1失点、117球でチーム初完投勝利を挙げた小川泰弘(25)。前夜は阪神と5時間を超える試合を戦っただけに、救援陣にとっても良い休養になった。

 3年連続となる開幕投手を務めた今季、投手最年長で通算144勝をマークする石川(36)とその椅子を争った。石川が開幕投手を意識した言葉をマスコミに発する一方、闘争心を内に秘めるタイプの小川は多くを語らず、黙々と調整に励んだ。キャンプ中に、その石川からこんな言葉をかけられていたという。

「ライアン(小川)はあんまり自分から『開幕投手をやります』と口にするタイプではないと思うけど、自分の立場とか、チームで何を求められているかは分かっていると思う。俺は投手陣の中では別格だと思っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

もっと見る