ヤクルト小川泰弘 先輩・石川から伝授された「エース道」

公開日:  更新日:

「長いイニングを投げ、リリーフ投手を休ませることができた。一番いい形で勝てた」

 ヤクルトのエースが喜びをかみしめた。

 1日の中日戦に先発し、3安打1失点、117球でチーム初完投勝利を挙げた小川泰弘(25)。前夜は阪神と5時間を超える試合を戦っただけに、救援陣にとっても良い休養になった。

 3年連続となる開幕投手を務めた今季、投手最年長で通算144勝をマークする石川(36)とその椅子を争った。石川が開幕投手を意識した言葉をマスコミに発する一方、闘争心を内に秘めるタイプの小川は多くを語らず、黙々と調整に励んだ。キャンプ中に、その石川からこんな言葉をかけられていたという。

「ライアン(小川)はあんまり自分から『開幕投手をやります』と口にするタイプではないと思うけど、自分の立場とか、チームで何を求められているかは分かっていると思う。俺は投手陣の中では別格だと思っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る