“恩返し弾”で初勝利 鵜久森とヤクルトとの「凄い縁」とは

公開日: 更新日:

「もう一度野球をやらせてもらうことができ、感謝の気持ちでいっぱいです」

 鵜久森淳志(29)は昨オフ、日本ハムを自由契約になり、ヤクルト入団が決まった際、知人にこんなメールを送った。マスコミ関係者が言う。

「律義で礼儀正しい男です。先日、数年ぶりに球場で会ったら覚えていてくれて、帽子を取ってきちんと挨拶をしてくれた。一度、食事をしただけなんですけどね」

 新天地を得た男が移籍後初スタメンで結果を残した。

 30日の阪神戦。勝ち越しの本塁打を左翼席に突き刺し、チームの今季初勝利に貢献。「もう一度、野球ができていることをうれしく思ってダイヤモンドを一周しました」と、お立ち台で喜びをかみしめた。

「凄い縁ですね」

 鵜久森はヤクルトとのかかわりについて、こう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る