“恩返し弾”で初勝利 鵜久森とヤクルトとの「凄い縁」とは

公開日:  更新日:

「もう一度野球をやらせてもらうことができ、感謝の気持ちでいっぱいです」

 鵜久森淳志(29)は昨オフ、日本ハムを自由契約になり、ヤクルト入団が決まった際、知人にこんなメールを送った。マスコミ関係者が言う。

「律義で礼儀正しい男です。先日、数年ぶりに球場で会ったら覚えていてくれて、帽子を取ってきちんと挨拶をしてくれた。一度、食事をしただけなんですけどね」

 新天地を得た男が移籍後初スタメンで結果を残した。

 30日の阪神戦。勝ち越しの本塁打を左翼席に突き刺し、チームの今季初勝利に貢献。「もう一度、野球ができていることをうれしく思ってダイヤモンドを一周しました」と、お立ち台で喜びをかみしめた。

「凄い縁ですね」

 鵜久森はヤクルトとのかかわりについて、こう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る