“恩返し弾”で初勝利 鵜久森とヤクルトとの「凄い縁」とは

公開日: 更新日:

「もう一度野球をやらせてもらうことができ、感謝の気持ちでいっぱいです」

 鵜久森淳志(29)は昨オフ、日本ハムを自由契約になり、ヤクルト入団が決まった際、知人にこんなメールを送った。マスコミ関係者が言う。

「律義で礼儀正しい男です。先日、数年ぶりに球場で会ったら覚えていてくれて、帽子を取ってきちんと挨拶をしてくれた。一度、食事をしただけなんですけどね」

 新天地を得た男が移籍後初スタメンで結果を残した。

 30日の阪神戦。勝ち越しの本塁打を左翼席に突き刺し、チームの今季初勝利に貢献。「もう一度、野球ができていることをうれしく思ってダイヤモンドを一周しました」と、お立ち台で喜びをかみしめた。

「凄い縁ですね」

 鵜久森はヤクルトとのかかわりについて、こう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る