マリナーズで「1番・左翼」の青木は開幕も初安打持ち越し

公開日:  更新日:

 マリナーズのアジア人野手2人が散々な結果に終わった。

 青木宣親(34)は4日のレンジャーズ戦に「1番・左翼」で出場。4打数無安打に終わり、新天地での初安打は次戦以降に持ち越しとなった。

 この日は相手の先発でエース左腕ハメルズにタイミングが合わない。五回1死一塁の場面で148キロの直球を捉えきれずに二ゴロ併殺。一度も出塁できずにリードオフマンの役割を果たせなかった。

 マイナー契約から開幕ロースター入りした前ソフトバンクの李大浩内野手(33)は代打で初出場。1点を追う七回1死一、二塁の好機で打席に立ったが、ハメルズにカウント1-2と追い込まれると、最後は変化球にバットが空を切った。

 ソフトバンク時代の12年に打点王を獲得した李は今年2月にマイナー契約で入団。オープン戦では24試合に出場し、打率2割6分4厘、1本塁打、7打点と結果を残して開幕メンバーに入った。

 日本で見せた勝負強さを発揮できるか。

▽青木のコメント
「気持ちは高ぶった。あすは岩隈が投げるし、しっかり守って援護したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る