マリナーズで「1番・左翼」の青木は開幕も初安打持ち越し

公開日:  更新日:

 マリナーズのアジア人野手2人が散々な結果に終わった。

 青木宣親(34)は4日のレンジャーズ戦に「1番・左翼」で出場。4打数無安打に終わり、新天地での初安打は次戦以降に持ち越しとなった。

 この日は相手の先発でエース左腕ハメルズにタイミングが合わない。五回1死一塁の場面で148キロの直球を捉えきれずに二ゴロ併殺。一度も出塁できずにリードオフマンの役割を果たせなかった。

 マイナー契約から開幕ロースター入りした前ソフトバンクの李大浩内野手(33)は代打で初出場。1点を追う七回1死一、二塁の好機で打席に立ったが、ハメルズにカウント1-2と追い込まれると、最後は変化球にバットが空を切った。

 ソフトバンク時代の12年に打点王を獲得した李は今年2月にマイナー契約で入団。オープン戦では24試合に出場し、打率2割6分4厘、1本塁打、7打点と結果を残して開幕メンバーに入った。

 日本で見せた勝負強さを発揮できるか。

▽青木のコメント
「気持ちは高ぶった。あすは岩隈が投げるし、しっかり守って援護したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る