マ軍新監督「青木を休ませるのはもったいない」断言の裏

公開日: 更新日:

 日本人野手では唯一、出場機会が確約されているマリナーズ・青木宣親(34)が25日(日本時間26日)、アリゾナ州ピオリアでキャンプイン。

 新天地での初日は背番号「8」のユニホームに初めて袖を通してグラウンドに姿を現した。バント練習では一、三塁線に絶妙なゴロを転がし、ナインから喝采を浴び、守備練習では外野の全ポジションをこなした。スコット・サーバイス新監督からは
「チームのエネルギー源になって欲しい」と言われたそうで、「僕もそういうつもりです。(14年にロイヤルズで)ワールドシリーズには出ているので、目指すは世界一です」と新天地での意気込みを口にした。

 昨季終了後にジャイアンツからFAとなり、12月に1年550万ドル(約6億2000万円)で契約。通算出塁率3割5分3厘の青木は、出塁率を重視するジェリー・ディポトGMの方針から、かつてイチロー(現マーリンズ)の指定席だった「1番」で起用される。昨季と同様に「左翼」を守るが、ポジションが固定されるとは限らない。外野のユーティリティーとしても重宝されるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る