2ケタ失点で虎に惨敗…巨人の“投壊危機”は貧打より深刻

公開日: 更新日:

 今季初登板のDeNA戦は7回3安打無失点の圧巻投球だっただけに、いくらなんでも打たれ過ぎだと巨人首脳陣は疑念を抱いているようなのだ。

 高橋監督はこの日の平良について、「全体的に良かったかなと思う。(3四球が失点に絡んだが)その中でも良かった点の方が多い。今日投げて自分の中で感じたものをどうするかは本人次第。期待できるというか、楽しみな選手」と及第点を与えたものの、二軍再調整が濃厚となった。

 そこに左のエースまでアテにならなければ一大事。そもそも、この日はドラフト1位ルーキー桜井の順番だった。右ヒジを痛めて離脱したことで空いた先発ローテーションの谷間を埋めるべく託されたのが、一軍初登板の平良だった。二軍では実績のある投手がローテで回っている。が、大竹は1勝1敗、内海は前回登板で6回3失点とぱっとせずに昇格を見送られた。貧打に泣いた昨季よりヤバそうな投壊の兆候。首位とはいえ、早くも雲行きが怪しくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  4. 4

    日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

  5. 5

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  6. 6

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  7. 7

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

  10. 10

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る