日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ4年目でWR首位に スピースの“ウッズ超え”はいつだ

 開催中の「ソニー・オープン」は日本勢7選手が出場しているが、いまいち盛り上がりに欠ける。世界ランク(WR)1位のジョーダン・スピース(22)をはじめ、J・デイ(28)、R・マキロイ(26)など、WR上位5選手がいないからだ。

 ランクといえば、このほど米ゴルフ・ダイジェスト誌(電子版)が「2015年ゴルファー長者番付トップ50」を発表し、12年間トップの座を維持してきたタイガー・ウッズ(40)に代わって、スピースが初の首位に輝いた。

 スピースの昨季の賞金総額は、1203万465ドル(1ドル118円換算で約14億2000万円)。これにスポンサー料やメディア出演料など、ツアー外での収入を加えると計5303万465ドル(約62億5000万円)になる。2位はP・ミケルソンで、ウッズは4855万1098ドル(約57億2000万円)で3位に陥落。そのうち賞金はわずか55万1098ドル(約6000万円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事