達川光男
著者のコラム一覧
達川光男野球評論家

1955年7月13日、広島県生まれの60歳。広島商から東洋大に進み、77年のドラフト4位で広島カープに入団。広島商時代の73年に春の甲子園準優勝、同年夏の大会で全国制覇を果たした。プロ入り後は洞察力にたけた頭脳派捕手としてカープの黄金時代を支え、ベストナインとゴールデングラブ賞を各3度受賞。92年に現役引退後は広島監督、阪神コーチなどを歴任した。現役時代はその明るいキャラクターでテレビの「珍プレー」番組でも話題をふりまいた。

<第1回>ヤクルト山田 過去の強打者を凌駕する意外な一面

公開日:  更新日:

 14年から昨年までの2年間、谷繁選手兼任監督のもとで中日のバッテリーコーチを務めた。その間、チームは4位、5位とBクラス。課題といわれた正捕手育成も確固たる成果を出せんかった。力不足と反省している。

 きょうからこの日刊ゲンダイの紙面を借りて、自分の野球人生や野球を通して得た仲間、先輩、後輩、ライバルのことなどをざっくばらんに振り返ってみようと思う。ワシの性格じゃけえ、話が大きく脱線することもある。そのつもりで、楽しんでくれたら幸いです。

 まずは、昨年まで中日を大いに苦しませてくれた、セ・リーグ各球団の話から始めよう。ディフェンディングチャンピオンのヤクルト。これはもう、トリプルスリーを達成した山田哲人(23)を語らずして先には行けんじゃろう。

 昨年の山田と中日の対戦成績は打率・300、10本塁打、21打点。打率は対巨人の・219に次ぐ数字じゃったが、本塁打と打点はリーグで最も多く献上した。彼が厄介なのはやっぱり、足があることよ。リーグ・ナンバーワンのスラッガーなわけだから、当然、どこの球団も打撃フォームを崩そうと厳しい内角攻めを指示していたと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る